AGA治療薬の個人輸入は危険?理解しておくべき4つのこと

こんにちは!晴天也です!

 

みなさんは、個人輸入って聞いたことありますか?

 

例えば、グ○チやプ○ダなどの有名ブランド品の商品を買おうとした場合、ブランドメーカーから輸入をしている日本の販売代理店や、メーカーを通して購入します。

 

この販売代理店などを通さず、直接海外のメーカーから商品を輸入することを個人輸入といいます。

 

もちろん、どんなものでも個人輸入できるわけではないですが、育毛に関していえば、AGA治療薬や海外の育毛剤なんかが輸入できます。

 

日本では販売されていない商品でも輸入出来たり、より高い効果が望める育毛剤なんかも使うことができるようになるのがメリットですね!

 

ですが、その半面、思いもよらぬ被害があったりすることも考えられます!

 

今回は、個人輸入を考える際に覚えておくべきことを記事にまとめていきます!

 

スポンサーリンク
 

輸入手続きはどうすればいい?

海外から日本にものを輸入する時の手続きについて考えたことがあるでしょうか?

 

個人が商店で物を買う時みたいに、すんなりいかないということは、想像がつくところかと思います。

 

 

ご察しのとおり、輸入手続きはかなりの手間がかかります。
例えば食品を輸入する場合、輸入食品1つ1つに細かい取り決めがされていたりします(ex:イクラ輸入手続き・・・etc)
そうなると、当然輸入に関する書類の作成なども膨大な量が考えられるわけです。

 

じゃあ、育毛剤を個人輸入しようとしたとき、これらを1人で全部やらなければいけないのか?

 

・・・答えはノーです!
あまりにも大変ですし、海外企業とのやりとりも必要になる可能性もあるため、現実的に無理ですよね↓

 

実際に育毛剤を輸入するときは、「個人輸入代行業者」というところを通して行います。
なので、普通にネットショッピングする感じと同じです。

 

私は以前、育毛剤とAGA治療薬を個人輸入していたことがあります。
その時は、「オオサカ堂」という個人輸入代行業者を利用していました。

 

ここの業者はしっかりとした対応をしてくれていたので、特段トラブルは無かったですが、日本と海外の違いによって、様々な問題が起こる可能性があります。

 

以下で、個人輸入するなら頭に入れておきたい3つのことを記載しておきます!

 

注意点①:手元に届くまでに時間がかかる

 

例えば楽天やアマゾンでショッピングをした場合、多くの場合は注文した翌日~3日以内くらいには商品が届きますよね!

 

最近では即日宅配サービスを始めているところもあるので、さらに手元に届く時間が早くなることが考えられます。

 

ですが、個人輸入の場合はそうじゃないです。
なぜなら、

 

  • 輸入商品が生産国から日本に直接入ってくるか分からない
  • 税関のチェックが厳しい

 

などが考えられます。

 

商品は、いくつかの「経由地」を経てくる可能性があります。
例えば、「香港発→シンガポール経由→日本着」みたいな感じです。

 

経由地が増えれば当然、税関のチェックやその他諸々のやりとりが遅くなるため、時間がかかります。

 

オオサカ堂では、「最短○日で到着予定」という連絡をもらえるのですが、一番短くても3~5日でした。
ただ、これは大概遅れます。私の感覚だと、

 

「早くても1週間。2週間くらいは到着までにみておくべき」と思います。

 

手元に届くには時間がかかる!と覚えておきましょう。

 

注意点②:商品が破損しているケースもある

これは結構な確率で起こりうることです。

 

海外旅行に行かれた方は分かるかと思いますが、外国の空港ってスーツケースの扱いが雑ですよね。
お構いなしでバンバン投げられたりしますから。

 

これは、輸入商品でも似たような扱いをされている可能性があります。
また、無理な積載で箱がへこんでしまい、中身が傷つくということもあり得ます。

 

私の場合は、箱を開けたら中の液体が少ししみ出ていたことがありました。

 

このような事もリスクとして十分あり得るので、注意しましょう!

 

注意点③:類似品や粗悪品をつかまされる可能性もある

 

「偽ブランド品の摘発」

 

最近ではあまり聞かなくなりましたが、一昔前にニュースなどで取り上げられていたことがありますね!

 

これと同じように、AGA治療薬でも「偽物」「粗悪品」なんてものがあります。
箱や見た目はそっくりでも、

  • 用量が少ない
  • 記載にはない成分が含まれている

ことがあり得ます。

 

値段が安すぎる場合などは注意が必要です!

 

 

注意点④:副作用のリスクが高まる可能性がある

皮膚科やAGAクリニックで処方される治療薬は、当然、日本が定めた基準をクリアした薬になります。

 

ただ、個人輸入の場合はそうではない場合があります。

 

海外基準で作られてるので、日本では販売できないものがあるわけです。
例えば、ミノキシジル15%配合の育毛剤もあるのですが、日本では無理です。

 

AGA治療薬の副作用に関する記事はこちら!

 

となると、当然副作用のリスクも高まることが考えられます!
成分が強すぎて身体に合わない・・・ということもあり得ます。

 

スポンサーリンク
 

個人輸入は良く考えて!

以上が、個人輸入をする際に注意すべき点です。

 

皮膚科やAGA専門クリニックに通わずして、「プロペシア」や「ミノキシジルタブレット」、「高濃度のミノキシジル配合育毛剤」を変えるというメリットがある半面、上記にまとめたようなリスクがあります。

 

そして、個人輸入は完全な自己責任となるため、商品が届かなかったり破損している場合も、保証などが無い場合が多いです。
また、輸入代行業者の信頼によっても大きく左右されるので、慎重に業者を選ぶ事が重要です!

 

上記にも書きましたが、私が利用していた「オオサカ堂」は、特にトラブルもなく、メールで問い合わせした時にも丁寧に対応してくれました!

 

個人輸入を考えられる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

AGA治療薬を使う時の一番安全な方法は、やはり病院(クリニック)による処方です。
クリニックではカウンセリングや血液検査も受けられますし、何より日本が認めた成分の薬なので、個人輸入で購入するよりも安心です!

 

あなたの薄毛は治療できる!発毛治療専門の【AGAスキンクリニック】はこちらから!

 

個人輸入を検討される場合は、当記事でまとめた事項に留意されることをおすすめします。

 

 

 

・最初の見出しに戻る

 

スポンサーリンク

すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>>薄毛は治せる時代になってます<<
>>本腰入れたAGA治療はクリニックでしましょう!<<


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>>髪がなくなってからじゃ手遅れに・・・<<
>>育毛ケアは髪がフサフサのうちからスタート!<<

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ