AGA治療で考えられる薬の副作用~症状と対策まとめ~

スポンサーリンク
「リ○ップって本当に薄毛に効果あるの?」

「副作用があるかもしれないって聞いたけど・・・」

AGAに悩む男性からは、こんな声が多く聞かれます。

あれだけCMでも流れていますし、本当に薄毛に効くのなら手に入れたいですよね!

ただ気になるのが副作用・・・

リ○ップにはミノキシジルという成分が配合されています。

これは厚労省から認可されているAGA治療薬として認可されています。

これによって効果はかなり高まることが予想されますが、人によっては副作用が出るケースもあります。

効果が出ても副作用が出るのは嫌だなぁと思う人も多いですよね。

しかし、AGA治療専門クリニックでは、副作用のリスクを最低限にしながら治療をすることが可能です。

スポンサーリンク

AGA治療薬の効果や種類を理解しよう

 

AGA治療薬の副作用・・・を触れる前に、それぞれの薬の効果を理解しましょう。

AGA治療薬の目的は、

・DHT(AGAの原因物質)の発生を抑えて抜け毛を防ぐ
・発毛を促進する

ことを目的に処方されます。

それぞれに効果のある薬は、

・抜け毛予防 → プロペシア、フィンペシア、フィナロ、エフペシア
・発毛促進 → ミノキシジル

です。

プロペシアは、男性ホルモンを抑えてAGAの原因になる物質(DHT)が作られるのを防ぐことから、抜け毛を減らす効果があります。

ミノキシジルについては、血管を広げて血の流れを増やす働きがあるため、発毛を促進させる効果があります。

「プロペシア」「ミノキシジル」は、AGA治療薬の最もメジャーなもので、クリニックでほぼ確実に処方されていて、AGA治療はこれらの薬を使って行うことが基本となります。

AGA治療薬で起こりうる副作用はどんな症状?

 

髪の毛の薬だし、本当に副作用があるの?と感じる方もいると思いますが、場合によって、AGA治療薬は副作用が出る可能性があります。

具体的には、

名称症状
プロペシア

性欲減退、勃起障害、抑うつ ・・・等

フィンペシア
フィナロ
エフペシア
ミノキシジル

血圧下降
頭痛
頭皮のかゆみ
体毛が濃くなってくる ・・・等

などがあります。

さらに、AGA治療薬には・・・

・心臓病を患っている
・高血圧の治療中
・肝機能に異常がある
・妊娠中の女性

の方は、使用できないっと決まっています。

血圧に作用する効果があったりするので、このような制限が設けられています。

さらに、妊婦が服用すると、お腹の赤ちゃんの生殖機能に影響を与える可能性があることから、服用できなくなっています。

副作用の確率は○%以下?!

このようにまとめると、あたかも「めちゃくちゃ高確率で副作用が出る!」と思いがちですが、実はそんなに高確率で副作用が出るわけではありません。

副作用が表れる確率に関しては、「1%以下の確率」と言われており、ほとんどの方が何も感じないまま治療をしています。

もっとも、1%以下でも副作用が起こる可能性はあるため、高いと考えるかどうかは個人の考え方にもよりますが・・・

ただ、これも個人差があるため、あくまで参考程度と考えざるを得ないです。

実際、私はAGA治療を始めて体毛が少し濃くなっています。

それ以外の副作用はないですし、体毛が濃くなるくらいなんとも思ってないのでいいのですが。

あくまで参考として、副作用が出る確率を覚えておきましょう。

・AGA治療薬を飲んだら体毛が濃くなった話

AGA治療薬のリスクを下げるためにすべき2つのこと

「AGA治療薬の副作用を避けることはできないの?」、 「何かいい方法はない?」と考える方もいるはず。

AGA治療薬の副作用が出る確率がかなり低いとはいえ、そのリスクを避けることができれば、それに越したことはないですよね。

AGA治療薬の副作用が出るリスクを下げるためにすべきことは、

・AGA治療は専門のクリニックで行うこと
・個人輸入によるAGA治療薬の購入はやめること

の2つです。

まず大前提として、AGA治療は必ず専門のクリニックで行うことです。

AGA治療の中には、必ず血液検査があります。これをすることで、様々な数値から体に異常がないかを見ることができ、最終的に薬の治療ができるかを医師が判断をします。

その結果に基づいてAGA治療薬が処方されるため、副作用のリスクを下げることにつながるんです。

これを、個人輸入などで薬を買って自分の判断で服用すると、副作用の可能性は高まります。

AGA治療薬は医薬品です。

医師の判断の下で服用することができるということを忘れないようにしましょう。

・失敗しないAGAクリニックの見つけ方

個人輸入でAGA治療薬を買うのは避けるべき理由

「AGA治療薬って個人輸入でも買えるんだ!」

「病院にいくのめんどくさいし、自分で買えば楽じゃん!」

確かに、AGA治療薬は個人輸入で買うこともできます。

ただ、これは絶対にやめた方がいいです。

理由は、AGA治療薬に「粗悪品」がまざっている可能性があるからです。

そもそも、海外のどこで作られているか、商品自体が本物かどうかも分からないですからね。

個人輸入した結果、副作用が出やすかったりするリスクもあるわけです。

AGA治療薬は、医療機関でしか処方できません。

個人の判断で輸入し、治療薬を使うのはリスクが高いため、やめることを強くおすすめします。

・AGA治療薬の個人輸入で知っておくべきことまとめ

 

まとめ

AGAに悩む方は年々増えてきています。

最近では女性の方でも薄毛で悩む率が増加傾向だそうです。

薄毛ケアにはとりあえず育毛剤!という考えが先走ると思います。

しかし、AGA専門クリニックで治療していくことが、改善の近道なのは確実です。

副作用のリスクも下げ、安心してAGA治療できるわけですから。

1つの手段として、AGAクリニックの利用も考えていきたいですね!

・薄毛治療におすすめなAGAクリニックはここから確認できます

スポンサーリンク

コメント