AGA治療1ヶ月の効果〜逆に薄くなった?〜

たまに当サイトのメールにて、「AGA治療はじめて1ヶ月でも生えてくるんですか?」みたいな問い合わせをいただくことがあるため、私がAGA治療をはじめて1ヶ月の時点での写真を載せ、どんな感じだったかまとめていきます。

個人差はあると思いますが、AGA治療する人なら誰しもがとおる道だと思うので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

AGA治療開始前と1ヶ月時点での写真を比較

写真の上が治療前、下が治療から1ヶ月後の写真です。

どうですかね。

変化がない・・・というよりも、1ヶ月後の写真の方が薄くなってる気がしません?

頭頂部とM字部分、どちらをみても薄くなっている。

でもこれ、全然焦る必要がなくて、むしろ喜ばしい事なんです!

1ヶ月時点は「初期脱毛」の影響が出始める時期

AGA治療は、髪の毛の状態がしっかりと改善されていく前に、ある症状に見舞われる可能性がとても高いんです。

それが「初期脱毛」

読んで字のごとく、治療の初期段階で髪の毛が脱毛する症状の事です。

AGA治療薬を使うと、血行促進作用から髪の毛を成長させる効果が高まります。

なので、これから抜けようとしている髪の毛は、これに押し出されて抜け落ちます。

写真だけ見ると、一見薄毛が進んだように見えますが、これはれっきとし「AGA治療の効果が出ている証拠」なんです。

・育毛剤でもある?初期脱毛についてまとめてみた

まだまだAGA治療薬に体を慣らしていく期間と考えよう

AGA治療開始から1ヶ月程度は、まだまだ治療薬に体を慣らしていく期間です。

私が通っているのはAACクリニック名古屋(へアメディカルグループ)ですが、ここはAGA治療薬のみでの治療で、ミノキシジル、プロペシア、亜鉛などが中心になります。

そして、薬の濃度もいくつか種類があり、1ヶ月の時点では1番濃度が低いレベルなんです。

・・・体に一番負担が少ない状態で、まずは薬にならすのが先というわけです。

この辺がAGA治療専門のクリニックへ通うメリットの1つでもありますね。

自分一人ではいきなり強い薬から始めがちですし。

・AGA治療薬と副作用についてまとめてみた

1ヶ月目で医師と薬についてのカウンセリングもあり

1ヶ月過ぎた時点で病院に行くのは3回目になります。

治療がスタートして初の受診になるため、しっかりめにカウンセリングしてもらえました。

「薬を飲んでみてどうか」「体調に変化はないか」「今後の処方をどうしていくか」などを先生と話して決めていきます。

私の場合は、次の受診までは同じ治療薬で様子見・・・とうことになりました。

治療をはじめて1ヶ月だと、先の見通しも不鮮明なので、結構不安なんですよね。

こうやって話しができることで、治療の不安もうまく解消できるので、とてもありがたかいです。

1ヶ月で結構改善している期待をしていたのでちょっと残念でしたが、医師から「1ヶ月でそんな劇的に変わるわけない」と現実を突きつけられたので・・・淡い期待を抱いている人は肝に命じといてくださいね。

・AGA治療したら体毛が濃くなった話

スポンサーリンク

まとめ

今回は、私がAGA治療して1ヶ月経過時点のことをまとめました。

1ヶ月では効果が出るものの、まだ劇的に改善している!・・・ということはないですので、継続してしっかりAGA治療していくことが大切です。

逆に、「すぐにフサフサになる」みたいなことを言っているクリニックなどは怪しいわけで。

その辺の判断も含めて、1つの参考としてみてくださいね。

私が通っているヘアメディカルはここからチェックできます

スポンサーリンク

コメント