朝シャンが頭の臭いの原因に!頭皮環境に与える3つのデメリット

朝シャンプーしている人ってどのくらいいるんでしょう?

私は今まで外出する前にシャンプーするのが習慣でした。

シャンプーの香りが心地よくてスイッチが切り替わるので「一日のはじまり」って感じがするんですよね。

でもこれ、頭皮の臭いがきつくなる原因になっているんです!

・・・ずっと続けてきた朝シャンが、臭いの原因になるなんて。

さらに、臭い以外にもデメリットがあるのですが・・・その朝シャンによるデメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

時間がないのに朝シャンする理由って?

特に女性にとっては、朝の準備って時間との戦いですよね。

メイク、髪のセット、朝ごはん・・・何を着て行こうか迷ってしまったらもう大変!

 

私の相方も、毎朝バタバタしてますからねー。

予定外に雨が降ったり気温の変化があったりすると、服装や靴も変更しなくちゃ、なんてことも。

お子さんがいる方は、お子さんの準備にも手間取ってしまうこともあります。

忙しい朝にシャンプーするとなると、さらに時間が必要です。

それなのに朝シャンプーするのは、こんなメリットを感じているからですよね。

 

考えられる朝シャンのメリットは、

・目が覚める(スイッチが入る)

・寝グセがなくなってキレイにセットできる

・寝ている間の汗や汚れを洗い流してすっきりする

・髪がシャンプーの香りになる

 

などが考えられます。

 

これだけ見ると「朝シャン最高じゃん」なんて思うかもしれませんね。

ただ、朝シャンには「時間がないゆえのデメリット」が意外に大きいのです。

そのデメリットを以下でまとめます。

デメリット1:洗いとすすぎが不十分→臭い発生

朝は時間が限られているので、バタバタしてしまうことも多いですよね。

 

そんなときにシャンプーをすると、どうしても洗い方が雑になりがちです。

力を入れてゴシゴシこするように洗うと、汚れが取れない上に頭皮を傷つけてしまいます。

毛穴の皮脂や汚れはしっかり洗ったつもりでも、なかなかキレイに落とすことが難しいんです。

 

さらに、すすぐ時間も短くなりがちです。

シャンプーやトリートメントをきちんとすすがないと、頭皮や毛穴に付着した状態に。

こうして皮脂汚れやシャンプーなどが頭皮や毛穴に付着した状態になると、臭いや抜け毛につながります

・頭皮の臭いと薄毛の関係って?

デメリット2:しっかり乾かせない→臭い発生

ドライヤーの時間も限られているため、ちょっと半乾きでもそのまま外出・・・ということも。

まさかのタオルドライオンリーの方もいらっしゃるのでは?

頭皮や髪が湿った状態は、雑菌が繁殖しやすくなって、臭いが発生してしまいます。

せめて髪の根元や頭皮の水分は乾かすようにしましょう。

デメリット3:紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまう

髪を洗ってすぐは皮脂が頭皮に行き渡っていない状態です。

皮脂は紫外線から頭皮と髪を保護する働きがあります。

無防備な状態の頭皮は、紫外線のダメージを受けやすくなるんです。

 

そして、そのダメージが積み重なると、毛根が弱ってしまい髪が抜けやすくなります。

将来の髪のことを考えると、気をつけないといけないですね。

・紫外線は一年中降り注ぐ!予防しないとやばい理由は?

デメリット4:髪の成長を妨げる

髪の毛が成長するのは夜のゴールデンタイム(10時~2時)と言われています。

この時間に頭皮をキレイにしておくことが大切です。

毛穴に皮脂や汚れが詰まった状態では、健康な髪が生えにくくなってしまいます。

一日の汚れをすっきり落とすと、リラックスしてぐっすり眠れそうですよね。

スポンサーリンク

まとめ

朝シャンプーすることで頭皮環境が悪くなり、臭いにつながることがわかりました。

抜け毛や髪の成長に関するデメリットも大きいです。

どうしても朝シャワーを浴びたい!という方は、シャンプーを使わずにお湯だけで洗うのがおすすめです。

寝ている間の汗や汚れは、これで十分洗い流すことができますよ。

きっと朝シャンプーしないと物足りなさを感じてしまいそうですが、臭いを防ぐためにも夜のシャンプーに切りかえるべきです。

朝の準備にちょっと時間の余裕ができるのも、夜シャンプーするメリットになりますね。

>>剛毛くせ毛の改善におすすめなシャンプーはここからチェックできます

スポンサーリンク

すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>>薄毛は治せる時代になってます<<
>>本腰入れたAGA治療はクリニックでしましょう!<<


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>>髪がなくなってからじゃ手遅れに・・・<<
>>育毛ケアは髪がフサフサのうちからスタート!<<

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ