男性と女性の髪質の違いって?女性の髪を綺麗に保つためにできること

男性と女性の髪質って、イメージからして違う気がしますよね。

男性の髪は太くしっかりしていて、女性の髪は柔らかくしなやか、という感じです。

でも実際は、女性のほうが太くて硬い髪質が多いそうです。

女性はカラーリングやパーマをかけている人が多いので男性は短髪の上ワックスなど

で立ち上げている人も多く、しっかりして見えるだけなのです。

スポンサーリンク

男女で髪質の違いが生まれる原因は?

性別によって生まれる髪質の違いは、大きく分けると

・遺伝

・キューティクル量

・髪のケア量

に分けられます。

中でも、髪質を決める最も大きな要因は、遺伝だと言われています。

例えば、両親とも直毛の場合、子供の97%は直毛になると言われているくらいです。

隔世遺伝という場合もあるので、両親からの遺伝だけという訳ではありませんが、それほど遺伝の影響は大きいと言うことですね。

続いてキューティクルについて。

これは、髪を形成する一番外側の層で鱗状になっています。

この層の重なりが多く厚いほど、髪の毛は硬くしっかりします。

男性と女性でこのキューティクルの量を調べると、男性のほうが少ないことが多いそうです!

さらには髪のケアの違いもあります。

女性の多くは、男性より髪が長く、パーマやカラーリングをしている人が多いため、髪が痛みやすいです。

男性は、髪型や抜け毛には敏感でも、髪の傷み自体はさほど気にしている方はいないですよね。

で、痛みを気にする女性はケアもしっかりしているので、男性よりも髪がキレイに見えるということです。

・髪を柔らかくする方法についてまとめた記事はこちら

ホルモンの影響で髪質は大きく変わることも!

「急に髪質がゴワゴワになった」

「いきなり前髪がくせ毛になった」

なんてことは実際に起こることです。

私も、中学生の時にいきなりくせ毛になって困ったことがあります。

このような髪質の変化は、ホルモンの作用が一番大きいことが原因です。

髪の毛の成長に最も大切なのは、女性ホルモンの「エストロゲン」と「甲状腺ホルモン」です。

主に、頭頂部から耳あたりまではエストロゲン、それより下は甲状腺ホルモンの作用が大きいと言われています。

 

そして、女性ホルモンの一つ「エストロゲン」は、

・毛髪の成長を促進する
・毛髪の成長期間を持続する

という2つの作用があります。

さらに、エストロゲンにはコラーゲンの生成を促す働きもありので、女性の髪は太くしっかりしていることが多いというわけです。

逆に男性の場合、このエストロゲンを抑制する男性ホルモン(テストステロン)がもともと多いため、柔らかい髪の人が多いということもあります。

更に、このテストステロンが酵素と結合して「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化すると、AGAの原因になって薄くなったりするのです。

・髪質をきれいにする方法まとめ

綺麗な髪をため保つために、頭皮のケアから始めてみましょう!

カラー・パーマによるダメージ、ホルモンによる髪への影響・・・

これらの影響を少しでも抑え、綺麗な髪を保つためにできること。

それは、頭皮のケアです。

髪を成長させる土台である頭皮。

ここの環境が乱れていると、健康な髪は育ちません。

ダメージヘアやホルモンバランスが崩れた影響は、頭皮や髪が乾燥することが多いく、パサツキの原因になってしまいます。

頭皮を適度に保湿し、整えれば髪も綺麗になっていきます。

 

そのためにまず最初に行いたいのが、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーを使うことです。

アミノ酸は弱酸性で、肌への刺激も少ないため、シャンプーのダメージが頭皮にのこる可能性はほぼないです。

さらに、アミノ酸の他にも保湿成分のあるハーブエキスなどを配合しているノンシリコンシャンプーも多く、頭皮と髪のケアを同時に行える商品もあります。

これらのシャンプーで、まずは頭皮をケアしていくことからはじめていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

女性の方が「フワフワの柔らかい髪」というイメージがあるんですが、意外と違うんですね。

確かに、僕の彼女も髪が「太くて多い」ので、それが悩みらしいです。

男女の髪質の違いなどを押さえて、頭皮からケアしていくことで綺麗な髪になっていきますので、ぜひ試してみてくださいね。

>>剛毛くせ毛の改善におすすめなシャンプーはここからチェック

スポンサーリンク

すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>>薄毛は治せる時代になってます<<
>>本腰入れたAGA治療はクリニックでしましょう!<<


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>>髪がなくなってからじゃ手遅れに・・・<<
>>育毛ケアは髪がフサフサのうちからスタート!<<

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ