枝毛を防いで髪を綺麗に伸ばしたい人が注意する5つのこと

シャンプーのCMなどで髪がきれいなモデルさんを見ると、思わずため息が出てしまいますね。

 

女性の方は特に、「自分もあんな髪になりたい」と憧れてしまう方もいるのではないでしょうか?

 

生まれ持った髪質の関係もありますが、努力次第では髪を綺麗にすることができます!

 

その為に重要なのは、いかに枝毛を防ぎつつ綺麗に伸ばしていくかということ。

 

その為には何に注意していけばいいのでしょうか??

 

スポンサーリンク
 

髪を綺麗に伸ばすために注意すべき5つのこと

髪をきれいに伸ばし、美しく保つために良い、と言われていることは色々あります。
今回はそのうちのいくつかをピックアップしてみました。

 

①髪を切らなくても美容院にいく

 

「美容院=髪を切るところ」
という印象がどうしてもありますよね。

 

その印象から、髪を切らないと美容院に行ってはいけないと思いがちですが、そんなことはありません。

 

トリートメントやヘアケアだけでも来店する方はいますし、綺麗に髪を伸ばしたいならむしろ行くべきでしょう。

 

②髪をきれいに伸ばすには、定期的にカットする

最も傷みやすい毛先は定期的にカットしたほうが、その傷みが髪全体に広がるのを防ぐことができます。

 

枝毛対策にもなりますね!

 

傷んだ毛先はキューティクルが剥がれたり、中のコルテックスに含まれる水分がなくなっている状態なので、そのままにしていると、キューティクルの剥がれる範囲が広がり、髪の上の部分の水分まで抜けて来てしまいます。

 

③シャンプー、リンスはやればやるほど良い?!

これは間違いです。
たとえアミノ酸系のシャンプーを使用しても、使い過ぎは頭皮と毛髪にダメージを与えます。

 

髪は2回洗いではなく1回、コンディショナー、トリートメントは必ずきちんと洗い流しましょう(洗わないトリートメント以外)。

 

④寝る前にブラッシングしすぎない!

 

真っ直ぐ綺麗に伸ばしたくて、寝る前に毎日、かなりの回数をブラッシングしている方もみえるのでは?

 

ブラッシングは、髪がからまないようにするには良いですが、髪自体をどれほどブラッシングしても髪はきれいになりません。

 

むしろ摩擦でキューティクルを傷めます。
地肌を刺激し、頭皮の脂を髪の毛に移してしっとりさせるのが本来の目的なので、何十回もブラッシングする必要はありません。
何ごとも程々が大切ですね。

 

⑤パーマやカラーリングは極力控える

パーマやカラーリングは、髪の内部のタンパク質を変化させて行います。

 

薬液の影響によって、キューティクルが開いてしまい、タンパク質や水分が流出してしまいます。
これがパサつきや枝毛、切れ毛の原因になります。

 

なので、パーマやカラーリングはしないほうが、きれいに伸ばすことができます。

 

・・・といいつつも、オシャレを楽しみたい面もあると思うので、極力ダメージを抑えるように美容師さんと相談して行いましょう。

 

枝毛をいかに無くせるかがカギ!

 

髪が長くなれば、どうしても枝毛が出来やすいもの。
洗髪時のお手入れポイントはこの2つです。

 

①洗髪時

髪を濡らす前にブラッシングして、からみをほぐしておきましょう。
シャンプーは手の平でしっかり泡立ててから髪や地肌につけることで、余計な摩擦を防ぎます。

 

そして、コンディショナーやトリートメントは地肌ではなく髪、特に毛先のほうに丁寧に浸透させるようにして下さい。
地肌に直接つけると、洗い残しや頭皮のダメージの原因になりかねませんからね。

 

さらに、タオルドライにも細心の注意を!
濡れているキューティクルは非常に剥がれやすいので、絶対に髪をこすらないようにしましょう!
タオルではさんで軽く叩き、水分を吸い取らせるように拭いていくのがポイントです。

 

②乾燥時

髪は、濡れている状態だと刺激に弱いので、必ず寝る前に乾かしましょう。

 

男性の場合は頭皮から皮脂が出やすいので、ドライヤーで早く乾かしたほうが雑菌が出にくいです。

 

 

注意したいのは女性の場合!
長時間ドライヤーをかけると、キューティクルが痛んでパサツキの原因になってしまいます。

 

・・・といいつつも、長い髪だと中々乾かないので、どうしても長時間のドライヤーになりがちです。

 

なので、ドライヤーの温度を70℃くらいにして使用するか、洗い流さないトリートメントやヘアパックなどで髪を保護すると良いでしょう。

シャンプーは低刺激のものがおすすめ

最後に気を使いたいのは、シャンプーです。

 

髪や頭皮に低刺激なものがおすすめですね!

 

やたらいい匂いがするものや、洗浄力が強すぎるものだと、髪や頭皮をいためてしまう可能性があります。

 

ノンシリコン、アミノ酸配合のシャンプーを選ぶなどして対策したいですね!

 

スポンサーリンク
 

まとめ

髪をきれいに伸ばすには、いろいろと気を使わないといけないこともあります。

 

しかし、慣れてしまえば苦になりませんし、サラつや髪になることができます。

 

 

しっかり実践していきましょう。

 

>>髪を綺麗に伸ばすためにおすすめなシャンプーはこちらから

・最初の見出しに戻る

 

スポンサーリンク

剛毛くせ毛の改善は正しいシャンプー選びからスタート!

goumou""

>剛毛くせ毛で悩むあなた必見!<
>正しいシャンプー選びで髪質改善開始!<


●注目記事①
急に髪がチリチリに・・・
原因と解決方法はここをチェック!


●注目記事②
髪が多くてセットが大変↓
そんな方に似合う髪型を紹介します!


●注目記事③
髪が少なくて薄く見られがち↓
ポイントを押さえて似合う髪型を見つけよう!


●注目記事④
髪の毛が傷みまくり・・・
それって枝毛?原因と対策はここをチェック!


すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>薄毛は治せる時代に<
>AGA治療は専門クリニックで!<


●注目記事①
無料カウンセリングって意味ある?
気になるメリットをまとめてみました!


●注目記事②
AGAクリニック選びで失敗したくない
失敗しないAGAクリニックの選び方まとめ


●注目記事③
毛深い人って将来ハゲる?
男性ホルモンとAGAの関係とは?


●注目記事④
おでこがベ〇ータ状態に↓
M字ハゲのケアは育毛剤だけじゃ厳しいワケ


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>髪がなくなってからじゃ手遅れ!<
>育毛ケアは髪があるうちからスタート!<


●注目記事①
ストレスの影響が・・・
ストレスと抜け毛の関係をまとめてみた


●注目記事②
まだ20代なのに・・・
若くてもてっぺんが薄毛になってしまう原因


●注目記事③
つむじハゲだけは避けたい↓
予防や改善についてはここをチェック!


●注目記事④
抜け毛チェックは超大切!
毛先が細い抜け毛の増加は薄毛への第一歩!

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ