育毛剤と発毛剤の違い~薄毛対策はどっち向き?~

「育毛剤、発毛剤・・・〇〇剤が多くて何選べばいい?」

「若ハゲ対策にはどっちが効果ある?」

ドラグストアなどで育毛剤をみると、「商品の多さに何がいいのかわからん!しかも、「〇〇剤」もたくさんあるし・・・選ぶのめんどくさ」ってなりがちです。

実際、育毛剤、発毛剤、養毛剤など、種類もいくつかあります。

若ハゲ対策には育毛剤か発毛剤を使うことになることが多いですが、実際どっちがいいの?ってのが本音ですよね。

この記事では、育毛剤と発毛剤の違いや選び方をまとめます。

答えは・・・若ハゲの状態によって変わります!

「若ハゲ対策には、育毛剤と発毛剤どっちを使うべき?」

 

これの答えですが・・・人によって違います(・A・)

答えになってない!・・・なんて怒らないでくださいね。これにはちゃんと理由があります。というのも、育毛剤と発毛剤は、それぞれ髪にもたらす効果の目的が違うんです。具体的には・・・

 

・育毛剤 → 今ある髪を育てる(髪の太さ改善など)

・発毛剤 → 髪を生やす

 

であります。

なので、若ハゲ対策の目的が、「今ある髪が減らないように対策する」「薄くなってきた髪を復活させる(生やす)」ことかで、どっちを使うか変わってきます。

以下で、具体的な違いや選び方をチェックしてください。

・薄毛対策はネット通販の育毛剤がおすすめなワケ

育毛剤と発毛剤の違いをチェック!

育毛剤発毛剤
目的今ある髪に栄養補給抜けたところに再び髪を生やす
効果血行促進、頭皮の保湿、雑菌の繁殖を防ぐ・・etc毛根部分の血行促進(育毛剤よりも効果が高い)、毛母細胞の活性化
分類医薬部外品医薬品

ざっくりいうとこんな感じです。

大きく違うのは、赤字部分の「医薬部外品か医薬品か」というところ。この違いはめちゃくちゃ大きいです。

最近ちょっとずつ注目を集めている「発毛治療」で使われる薬は医薬品になるため、医師の処方が必要になります。

また、薬局などで発毛剤を買おうとすると、薬剤師さんにお願いしないと買えないものもあります。

医薬部外品は、医薬品よりも効果が緩やかで、予防などを目的に作られています。

この辺りは書き出すと非常にややこしいため、気になる方は厚生労働省のHPを参照してみてください。

育毛剤、発毛剤の具体的な商品はコレ

育毛剤発毛剤
・サクセス
・フレッシュリアップ
・アデノゲン
・チャップアップ
・イクオス
・フィンジア
・ブブカ
・バイタルチャージ
・MARO
・モウガ
・ポリピュア  ・・・・etc
・リアップX5
・ポラリス
・ロゲイン  ・・・・etc

それぞれについて、一部書き出してみました。

特に育毛剤は、ドラッグストアで買えるものからネット販売の商品までキリがないくらい多く商品があります。

逆に発毛剤は、あまり種類がないです。

薄毛治療は、「ミノキシジル」と呼ばれる薬を使うのがスタンダートで、日本で扱われている発毛剤は、これが含まれているもののみです。

日本で作られている発毛剤は、「リアップ」のみになります。

ロゲインやポラリスは、アメリカで作られた発毛剤なので、個人輸入する必要があるのでチェックが必要です。

薄毛「予防」は育毛剤で十分

こんな人は育毛剤で十分

・まだ髪がフサフサな人

・将来の薄毛予防をしたい人

・髪が細くなったかな?という人

将来の若ハゲ予防など、髪の悩み初期段階の方は育毛剤でも十分に対応できます。

ドラッグストアで売られている育毛剤から始める・・・というのもアリですが、しっかりと若ハゲ対策していくのであれば、ネット販売の育毛剤がおすすめです。

・あなたの若ハゲ進行度をチェックしてみよう!

 

育毛剤によっては、AGAの原因(DHT)をブロックする働きの成分を含んでいるものもありますので、薄毛対策にはピッタリです。

どんな育毛剤がいいのか、自分なりにしっかり選んでいきましょう。

髪を生やしたいなら発毛剤がベスト

発毛剤を使いたい状態

・生え際やてっぺんが薄くなってきた

・他人から「薄くなった」と言われた

・自分で見てもM字が後退してるのがわかる

・もうだいぶ薄毛だけど、髪を取り戻したい

残念ながら、薄毛が進んでしまった人で髪を取り戻したい人は、発毛剤のほうが効果的なケースが多いです。

発毛剤は、毛根部分の血行を大幅に改善・栄養補給することができます。

さらに本格的に薄毛対策するのであれば、「AGAクリニックでの薄毛治療」も可能です。

ハゲ治療専門の医師に診てもらい、対策をとれるため、高確率な薄毛改善を目指すこともできます。

そういったところも考えていくと、髪を取り戻すための大きな1歩につながります。

薄毛の状況に合わせて選択するのが大切です

育毛剤と発毛剤の選択は、今の髪の状態によって異なります。

「育毛剤は、髪の太さ改善など、今ある髪を育て若ハゲ予防する」

「発毛剤は、だいぶ薄くなってしまった状態を克服するために使う」

ということを頭において選ぶようにしましょう。

 

>>薄毛予防におすすめな育毛剤はここからチェックできます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ