イソフラボンが薄毛予防に効果的な4つの理由

「育毛には大豆などのタンパク質がいい」というのは良く聞く話です。
体調を整えたり、ダイエットなどにも納豆や豆腐などの大豆食品がいいと言われていますよね。

 

 

そう言われている理由は、そこに含まれる「イソフラボン」が理由です。

 

イソフラボンには、美肌効果など様々な作用がみられますが、育毛にとっても言い効果があると考えられています!

 

特に、薄毛の予防には期待できるとか?!

 

育毛剤の利用ももちろん効果的ですが、それと平行して食生活改善していくことも重要です。

 

今回は、イソフラボンの薄毛予防効果についてまとめていきます!
食生活を見直す上で、重要なヒントになると言えるでしょう!

 

スポンサーリンク
 

イソフラボンが薄毛予防に効果的な4つの理由

 

厚生労働省の研究により、イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲン同様の働きがあることがわかっています。
更年期障害を軽減するのにイソフラボンが良いと言われるのはこのためです。

 

では、薄毛予防になぜ良いのでしょうか?

 

その1:男性ホルモンを抑える

 

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモン(DHT)の過剰分泌によって起こる確率が高まります。

 

一般的には、男性ホルモンを抑制できれば、その分AGAは起こりにくいと言われています。

 

イソフラボンには男性ホルモンを抑制する作用があるため、薄毛予防につながると考えられているわけです。

 

その2:女性ホルモンと似た効果がある

 

女性ホルモンのエストロゲンには、髪の成長を促し成長期間を持続させるという作用があります。

 

これは、出産後や閉経後にエストロゲンが減少すると、大量の抜け毛が起こることからも明らかです。

 

イソフラボンには女性ホルモンと同様の作用があるため、抜け毛を防ぎ、髪の成長を促進させると考えられます。

 

その3:カルシウムが溶け出すのを防ぐ

イソフラボンにはカルシウムの溶け出すのを防ぐ働きがあります。

 

案外知られていませんが、カルシウム不足は抜け毛を増長すると言われています。

 

よく、カルシウムが不足すると怒りっぽくなると言われますが、これは脳神経細胞の働きが低下するからです。神経細胞は頭皮にもあるため、髪の生育に悪影響を及ぼし、抜けやすくなります。

 

また、カルシウムには骨組織を強化する働きがあります。

 

すると血液を作る工場である骨髄の働きが促進され、骨髄液が増えます。
骨髄液内にある造血幹細胞が分裂増殖することにより造血されるため、新しい血液が頭皮にも届くようになれば、抜け毛が防げるのです。

 

その4:コレステロールを減少させる

 

イソフラボンには血中コレステロールを減少させる働きがあると言われています。

 

コレステロールが増加すると、動脈の弾力性や柔軟性がなくなるため、血液の流れが悪くなります。

 

そうすると、頭皮の毛細血管にまで血液がいかなくなるため、抜け毛が増えてしまういますが、これを防げることになりますね。

 

イソフラボンを多く含む食品をチェック!

 

前にも触れましたが、イソフラボンは大豆製品などに多く含まれています。
普段から目にすることの多い大豆食品なので、日本人にはとても摂取しやすい食品とも言えますよね!

 

 

代表的な食品は、

  • 納豆
  • 味噌
  • 醤油
  • きなこ
  • 豆腐
  • 油揚げ

などがあげられます。

 

こういったものを日々の生活に取り入れていきましょう!

 

豆腐なら半丁(150g)、納豆なら1パック(60g)程度で充分です。
最も含有量が多いのは「きなこ」と言われていますので、毎朝、牛乳にきなこを混ぜて飲むなどもおすすめです。

 

ただし、塩分の取りすぎによる抜け毛の増加には注意しましょう!
醤油や味噌は塩分が高いですからね。上手に使用したいところです。

 

スポンサーリンク
 

頭皮にも効果的?!

 

イソフラボンは、髪以外にも

  • 更年期障害の予防・改善
  • 骨粗しょう症の予防
  • 生活習慣病の予防・改善
  • 美肌効果

などがあげられます。

 

中でも、「美肌効果」に関しては注目すべき点で、イソフラボン配合の化粧水なんかも多く販売されています。

 

これは、頭皮にもそのような効果があると考えられます。
頭皮環境が改善され、髪が育ちやすいように整えることが出来るわけですね!

 

頭皮は、全身の皮膚の中でも非常にデリケートで、生活リズムの崩れや紫外線によるダメージなどで、頭皮ニキビが出来たりかゆみが出たり、色々とトラブルが起こりやすい部分です。

 

それを防ぐ意味でも、イソフラボンは大きな役割を果たしているといえますね!

 

まとめ

このように、イソフラボンは髪の健康を保つためには必要な栄養素と考えられます。

 

日頃の食生活で、イソフラボン(大豆食品)を摂れる食事をするように工夫していきましょう。

 

ただし、過剰摂取すればいいという訳でもないので、「バランス良く」が基本になります。
特にサプリメントでイソフラボンを摂る場合は、必ず摂取目安量を守るようにしましょう。

 

 

・最初の見出しに戻る

 

スポンサーリンク

剛毛くせ毛の改善は正しいシャンプー選びからスタート!

goumou""

>剛毛くせ毛で悩むあなた必見!<
>正しいシャンプー選びで髪質改善開始!<


●注目記事①
急に髪がチリチリに・・・
原因と解決方法はここをチェック!


●注目記事②
髪が多くてセットが大変↓
そんな方に似合う髪型を紹介します!


●注目記事③
髪が少なくて薄く見られがち↓
ポイントを押さえて似合う髪型を見つけよう!


●注目記事④
髪の毛が傷みまくり・・・
それって枝毛?原因と対策はここをチェック!


すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>薄毛は治せる時代に<
>AGA治療は専門クリニックで!<


●注目記事①
無料カウンセリングって意味ある?
気になるメリットをまとめてみました!


●注目記事②
AGAクリニック選びで失敗したくない
失敗しないAGAクリニックの選び方まとめ


●注目記事③
毛深い人って将来ハゲる?
男性ホルモンとAGAの関係とは?


●注目記事④
おでこがベ〇ータ状態に↓
M字ハゲのケアは育毛剤だけじゃ厳しいワケ


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>髪がなくなってからじゃ手遅れ!<
>育毛ケアは髪があるうちからスタート!<


●注目記事①
ストレスの影響が・・・
ストレスと抜け毛の関係をまとめてみた


●注目記事②
まだ20代なのに・・・
若くてもてっぺんが薄毛になってしまう原因


●注目記事③
つむじハゲだけは避けたい↓
予防や改善についてはここをチェック!


●注目記事④
抜け毛チェックは超大切!
毛先が細い抜け毛の増加は薄毛への第一歩!

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ