【急増中】30代以上の女性で抜け毛が増える3つの原因とは?

ども!晴天也です!

 

最近、疲れが中々取れず、筋肉痛が2日後に出るようになってきました。
年は取りたくないものです↓

 

肉体的なピークは、やはり20代中旬。
それ以降は少しずつ老化が始まり、腰や膝が痛かったり、何かしらの症状
が出てくるケースが多いです。

 

これは、髪にとっても同じことが言えます。
まだ30代なのに、急に抜け毛が増えてきた・・・という可能性は誰でもある
わけですが、それは何も男性に限った話ではありません。

 

最近では、30代以上の女性が抜け毛で悩むケースがかなり増えている
うです。

 

一体何が原因なのでしょうか?
対策も含めて記事にまとめていきます!

 

スポンサーリンク
 

女性の薄毛の特徴とは?

「抜け毛」や「薄毛」という言葉を聞いて、パッと頭に思い浮かべるの
男性
ですよね。

 

そして、ほぼすべての人が「てっぺんが薄い」「ハゲ上がっている」姿を
想像することでしょうwww

 

確かに、男性の場合は「頭頂部」と「M字部分の生え際」から薄くなって
いくことがほとんど
です。

 

なぜなら男性ホルモンの影響を受けやすいから。

 

 

>>男性型脱毛症の原因はこれ!

 

 

加えてM字部分は皮膚も薄く、血管も細いことから血行不良になりやす
いのでなおさらです。

 

それに対して女性の場合は、髪全体がボリュームダウンするという特徴
があります。

 

「びまん性脱毛症」ともよばれ、髪全体が徐々に薄くなっていき、気付い
たら地肌が透けていたなんてことも考えられます。

 

一部分から薄くなるよりも、髪全体で徐々に薄くなった場合の方が気づきに
くいので厄介ですよね↓

 

手遅れにならないためにも、しっかりと原因を押さえて対策していきましょう!

 

30代以上の女性で抜け毛が増える3つの原因はこれ!

 

女性にとって髪は命・・・男性にとってもそうかもしれないですがwww
10代、20代の女性はまだしも、30代さしかかると抜け毛が増える女性
が多いです(うちの母もそうでした)。

 

その原因を3つにまとめます。

 

その1:ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンの乱れは、抜け毛の増加要因になります。

 

女性ホルモンには、大きく分けてエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲ
ステロン(黄体ホルモン)
の2種類あります。

 

そのうち髪の毛の育成に携わっているのはエストロゲンです。

 

これらは、妊娠するとどちらのホルモンも分泌量が増え、妊娠から出産ま
での母体を支えています。

 

妊婦の方で、抜け毛が減ったり髪が太くなったりする理由はこのせいです
(もちろん個人差はあります)。

 

 

ところが、出産が終わると一気に両ホルモンは分泌量を減らします。
エストロゲンが一気に減るため、髪が成長できず抜け毛が増えるのです。

 

>>産後に抜け毛が増えるのはコレが原因!

 

そして、これは加齢によっても減少します。
エストロゲンの分泌量は20代後半がピークで、それ以降は徐々に減っていき
40代になるとピーク時の半分ほどになり、閉経時には約3~4割まで減ってし
まいます。

 

これにより、ホルモンバランスが崩れ、抜け毛が増えてしまうわけですね。

 

その2:生活習慣の乱れ

睡眠不足、暴飲暴食、喫煙等は血流を悪くしてしまいます。

 

頭皮や髪の毛は心臓から最も遠いため、ただでさえ血液から栄養をもら
いにくいのに、更に血流が悪くなれば発毛サイクルが止まってしまうのです。

 

身体のリズムも崩れ、それとともに抜け毛が増える可能性は十分あります。

 

その3:間違った頭皮ケア

 

間違った洗髪方法、カラーリング、パーマなどは、髪・頭皮・毛根を
傷める原因となります。

 

特にカラーリングやパーマの薬剤は、肌には強い刺激になりますので
頭皮環境が悪化しやすいと言えます。

 

その影響で、ヘアサイクルが正常ではなくなり、髪が抜けやすくなるこ
とが考えられます。

 

スポンサーリンク
 

6つの有効な対策はこちら

対策を取る上のポイントは、「エストロゲン」の量を増やして安定させ
ることです!
そのために摂取すべきものや、できることを6つまとめていきます!

 

摂取したい栄養素!

 

①イソフラボン

イソフラボンが摂れる大豆製品が手軽です。納豆、豆腐、厚揚げ、味噌、
豆乳など、生活に取り入れやすいのではないでしょうか。

 

>>イソフラボンが薄毛の救世主になる?!

 

また山芋にも多く含まれています。

 

②ボロン(ホウ素)

ミネラル成分の一種で、血中のエストロゲン濃度が2倍になるとも言われており、
キャベツ、わかめ、ひじき、ナッツ、鶏肉、りんご、なしなどに多く含まれています。
ボロンは熱に弱いので、出来るだけ生の状態で食べたいところです。

 

③卵

エストロゲンの材料はコレステロールです。
卵には、コレステロールやタンパク質が豊富ですから、女性の体作りに欠かせ
ない食材です。

 

④ビタミン

エストロゲンを作り出す卵巣が老化してしまわないよう、大根の葉、かぼちゃ、ナッツ、
植物油、うなぎなどからビタミンEを摂取しましょう。
また、エストロゲンの代謝にはビタミンB6が必要なので、魚、レバー、バナナ、ニンニ
クを摂るといいです。

 

 

ホルモンバランスの安定のために毎日行いないたいこと!

 

①深呼吸

深呼吸には自律神経を整える作用があります。
ストレスを感じている時は呼吸が浅く、ホルモンも乱れています。

深呼吸を毎晩10回するだけでホルモンのバランスが整うと言われていますので、
ぜひやってみてください!

 

②ストレッチ

特に下半身のストレッチを重点的におこないましょう!
これをすることで、ホルモン分泌のバランスアップにつながると言われています。

また、骨盤のゆがみが解消されたり、下半身太りの解消などにも効果的なので一石
二鳥です!

 

まとめ

私も含め、30代以上の方の多くは、20代の頃と比べて身体が変化してきていることに気付いていると思います。

 

中々現実を受け止めたくないのが正直なところ↓
ですが、何かしらの対策を取っていかなくては手遅れになってしまうことを理解し、行動していきたいですね!

 

まずはこの記事でまとめたような対策を心がけてみてましょう。それだけでも充分効果が期待できるはずです!

 

 

!おすすめの育毛剤はこれ!

・最初の見出しに戻る

 

スポンサーリンク

すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>>薄毛は治せる時代になってます<<
>>本腰入れたAGA治療はクリニックでしましょう!<<


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>>髪がなくなってからじゃ手遅れに・・・<<
>>育毛ケアは髪がフサフサのうちからスタート!<<

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ