静電気から髪を守るために私の彼女が行っている4つの対策

こんにちは!晴天也です!

今日、今年の冬の気候の特徴が気象庁より発表されました!
寒気が例年よりも高く、日本海側に位置するため、関東から西の地域は
暖冬になるようです。

 

・・・・といっても冬だから寒いのは変わりないんですけどね。
やはり空気は夏よりも乾燥しますし、暖冬といっても静電気は発生しや
すい環境にあると言えます。

 

やはり髪の静電気対策はしっかりしたいところ!
私の彼女は髪が長く、毛量も多いため、しっかり対策しないとメデューサ
みたいに広がって爆発しちゃうので、冬は本当に大変みたいです(笑)

 

今回は、私の彼女が実施している静電気対策を記事にまとめてみたいと
思います!

スポンサーリンク

空気が乾燥するのを防ぐ!

やはり最大の敵は乾燥
ということで、乾燥対策には非常に気を使っています。

 

出かけるときだけでなく、部屋にいるときから乾燥を防ぐのがポイント
だそうです!
なので、寝る時はもちろん、普段部屋にいるときは加湿器をつけて生活
していることが多いです!
そっちの方がスタイリングもしやすく、髪の調子も良くなるみたいです。

 

部屋の湿度が低下して乾燥してくると、喉が乾いたり肌が乾燥してきたり
して分かるようですね。

 

僕は部屋にいるときはあんまり気にしないので分からないんですが、その
あたりはさすがです(笑)

整髪料でコーティング!

続いてはこれ!
出かけるときは何かしらの整髪料を必ずつけています。

 

静電気の影響を受けやすいのは、カラーリングなどで痛んでいる髪です。
表面が傷ついていることによって水分が抜け、乾燥しやすい状況になって
いるからです。
そこを、整髪料でコーティングしてやることで、髪から水分が抜けるのを
防いでくれる働きもあります。

 

多いのはやはりワックスですね。
男性が使うことが多いハードタイプの物ではなくて、セット力がそこまで
強くない、柔らかめのものを髪になじますようにつけてます。

 

ポイントは、根元ではなくて毛先中心につけること!
毛先の方が乾燥しやすく、静電気の影響を受けやすいからだそうです。

 

それでも外出先などでどうしようもなくなった時は、ハンドクリームで代用
しているそうです!
これが意外と髪になじむのだとか・・・
間違っても、つけ過ぎはNGらしいです!よかったら試してみてくださいね♪

マイナスイオンドライヤーは最強!

お風呂上がりや髪のセットのときに手放せないのがマイナスイオンドライヤー
これを使うだけで静電気の影響がだいぶ減るそうです!

 

そもそも、マイナスイオンという呼び方は日本だけのようですね。
他の言い方だと、陰イオンとか負イオンと呼ぶらしいです。

 

「イオン」とはマイナスの電気を帯びた物質で、目に見えない大きさで大気中に
存在しています。
ちなみに、マイナスイオンの効果は、浴びることによってリラックス効果が出たり
空気清浄に効果があったりしますが、科学的にはまだ分かっていないこともたく
さんあるようです。

 

で、静電気はプラスの電気を帯びているので、マイナスイオンを浴びることで
滞っている静電気が放電されやすくなる・・・ということですね!

 

マイナスイオンは他にも、

  • ミネラルウォーターを飲む
  • シャワーを浴びる

などでも摂取できるようです。
ミネラルウォーターは出かけるときにも用意しておくといいですね!

ブラッシング時は○○や○○に注意!

最後はこちら!
ブラッシングするときのは、

  • プラスチック製の物は使わない(木や豚毛の物がおすすめ)!
  • ブラッシングのときは軽く濡らす
  • 毛先からといていく

ことに注意しているそうです。

乾いた状態でプラスチックのブラシで根元からがっつりブラッシングする
と最悪なことになります。

 

静電気が発生しにくいよう、毛先などを少し濡らして、少しずつブラッシング
していくとうまく髪がおさまるみたいです!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

実際に、私の彼女が実践している静電気対策になります。
個人差はあると思いますが、これをするようになってからだいぶ静電気の
影響は少なくなったみたいです!
悩まれている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

抜け毛につながる恐れも?髪に静電気が起こる4つの原因とは?

 

 

 

スポンサーリンク

すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>>薄毛は治せる時代になってます<<
>>本腰入れたAGA治療はクリニックでしましょう!<<


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>>髪がなくなってからじゃ手遅れに・・・<<
>>育毛ケアは髪がフサフサのうちからスタート!<<

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ