剛毛な髪質を改善する4つの方法をまとめてみた

男女問わず、誰しもが一度は「ふわふわ」「さらさら」の髪に憧れたことがあると思います。

シャンプーのCMなんかでもサラサラの髪のモデルさんなんかが登場しますしね!

 

ただ、これは髪質に左右されるのが大きいです。

 

生まれつき柔らかい髪質の方は簡単にフワフワ、サラサラになれますが、剛毛の方はそうはいきませんよね!

剛毛の方だと、「パサパサ」「ツヤがない」なんていう悩みをお持ちではないでしょうか?

そんなお悩みがあるなら、髪質を変える方法を試してみませんか?

今回は、剛毛な髪質を改善していく方法について記事にまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

剛毛は健康な髪の証拠?

「そもそも剛毛って何?どういう状態を剛毛っていうの?」っていう話になってきますよね。

髪の毛は表面・真ん中・中心の三層に分かれていて、表面から「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」と呼ばれるたんぱく質で出来ています。

 

そして、髪の硬さを決めるのは、キューティクルとコルテックスです。

くせ毛の強さなんかも、ここに左右されますね。

「キューティクル」はシャンプーのCMでも何度も出てくるので聞いたことがある方が多いはずです。

たんぱく質の一種で出来ていて、5~6枚重なっているのが普通で、厚ければ厚いほど、髪質は硬くなります。

また、真ん中の「コルテックス」は髪の大部分を占めていて、たんぱく質、水分、脂質、メラニン色素などで出来ています。

 

このコルテックスの量が、髪の強さやしなやかさ、硬さなどを左右します。

当然、コルテックスの量が多い方がしっかりとした髪=剛毛になるわけです。

 

これらの2点が理由となって、私たちの髪質が決まります。

タンパク質がしっかり結びついていると剛毛になる・・・つまり、剛毛とはコシがあり丈夫で、非常に健康な髪ということなんです。

・くせ毛になってしまう6つの原因って何?

剛毛を柔らかくする4つの方法は?

剛毛は丈夫で健康な髪!・・・というのは分かっていても、髪質改善したい人は多いですよね!

剛毛の原因となるのはキューティクルとコルテックスです。

どちらも髪に取っては非常に重要な組織。

 

中でもコルテックスは髪の最も重要な組織なので、これを減らすと髪が細く弱くなってしまいます。

そのため、キューティクルに働きかけて髪を柔らかくする方法を4つ紹介していきます!

①潤いを与えるシャンプーを選ぶ

おすすめはアミノ酸系のシャンプーです!

髪に潤いを与えてくれるので、キューティクルも柔らかくなってきます。

避けたいのはダメージヘア用のシャンプーです。

キューティクル修復作用があるため、更に厚いキューティクルになってしまいます。

また、石けんシャンプーやアルコール系シャンプー(通常の市販のシャンプー)も髪のたんぱく質を硬くしてしまいますので、避けたいところです。

・髪がパサつく原因はをまとめてみた

②トリートメント剤やコンディショナーで保湿する

トリートメントは、髪の内部にたんぱく質成分を浸透させ、高い保湿効果もあります。

ただ、髪の内部に浸透するまでに時間がかかります。

その場合は、コンディショナーやリンスでもいいと思います!時間の余裕に応じて使い分けると良いでしょう。

③ドライヤーの熱に注意して短時間で乾かす

洗髪後、できるだけ早く髪を乾かすのが鉄則です。

・・・が、この時に温度が高すぎるとキューティクルを傷めます。温度調整できるドライヤーであれば「低温」に設定しましょう!

温度調整機能がないドライヤーは、髪との距離感を遠くするなどして熱くなりすぎないように工夫しましょう。

タオルドライの時点で水分を吸い取り、それからで一気に乾かしましょう。

④オイルでケアをする

オイルは保湿作用が高いので、週1くらいで使ってみると良いと思います。

手順は、

・シャンプー前に毛先中心に椿油やあんずオイルをつけ、15分ほど置きます。

・その後普通にシャンプーして下さい。

・洗髪後、タオルドライしたら少量のオイルを毛先中心につけ、ドライヤーをかけます。

・最後に、数滴のオイルを手の平に広げ、その手で手ぐしをします。

という具合でOKです!

何もしていないのに髪が柔らかくなった場合は要注意!

剛毛で悩んでいる方にとって、髪が柔らかくなるのはうれしいことですよね。

いろいろと試しても中々効果がでない人がいる中で、特に何もしていないのに髪質が柔らかくなる方もみえます。

 

一見すればとてもラッキーですし、体質が変わったタイミングで髪質が変わってくることもありますが・・・本当にそれで大丈夫ですか??

もしかしたら、急に髪質が柔らかくなったのは「髪がダメージを受けている」ことが原因かもしれません。

 

髪質が急に変わる原因は、

頭皮がダメージを受けている

・毛穴に皮脂が詰まっている

・髪が痛んでいる

などによって、髪が不健康になってしまっている可能性があるからです。

そのまま放置し、ヘタをするとそこから薄毛につながることも・・・

 

急に剛毛だったのが柔らかくなったという方!

喜ぶ前に、

  • 抜け毛は増えてないか
  • 切れ毛、枝毛はないか
  • 頭皮が乾燥(オイリー)になってないか

などを確認してください。

もし思い当たることがある場合は、育毛剤でのケア、食生活の見直し、シャンプーやトリートメントなどでのケアが必要ですので、しっかりチェックしましょう。

・切れ毛や枝毛予防で意識したいことって?

スポンサーリンク

まとめ

生まれつき剛毛の方だと、どうしてもサラサラな髪に憧れるものです。

ただ、髪自体はやわらかい髪質の方よりも強いので、痛みだったりダメージだったりを受けにくいというメリットもあります!

もちろん、柔らかい髪質の人も健康な髪であることには変わりないですけどね。

剛毛で悩まれている方は、ぜひこの方法を試してみてください。

>>剛毛クセ毛の改善におすすめなシャンプーはここからチェックできます

スポンサーリンク

剛毛くせ毛の改善は正しいシャンプー選びからスタート!

goumou""

>剛毛くせ毛で悩むあなた必見!<
>正しいシャンプー選びで髪質改善開始!<


●注目記事①
急に髪がチリチリに・・・
原因と解決方法はここをチェック!


●注目記事②
髪が多くてセットが大変↓
そんな方に似合う髪型を紹介します!


●注目記事③
髪が少なくて薄く見られがち↓
ポイントを押さえて似合う髪型を見つけよう!


●注目記事④
髪の毛が傷みまくり・・・
それって枝毛?原因と対策はここをチェック!


すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>薄毛は治せる時代に<
>AGA治療は専門クリニックで!<


●注目記事①
無料カウンセリングって意味ある?
気になるメリットをまとめてみました!


●注目記事②
AGAクリニック選びで失敗したくない
失敗しないAGAクリニックの選び方まとめ


●注目記事③
毛深い人って将来ハゲる?
男性ホルモンとAGAの関係とは?


●注目記事④
おでこがベ〇ータ状態に↓
M字ハゲのケアは育毛剤だけじゃ厳しいワケ


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>髪がなくなってからじゃ手遅れ!<
>育毛ケアは髪があるうちからスタート!<


●注目記事①
ストレスの影響が・・・
ストレスと抜け毛の関係をまとめてみた


●注目記事②
まだ20代なのに・・・
若くてもてっぺんが薄毛になってしまう原因


●注目記事③
つむじハゲだけは避けたい↓
予防や改善についてはここをチェック!


●注目記事④
抜け毛チェックは超大切!
毛先が細い抜け毛の増加は薄毛への第一歩!

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ