【育毛剤がいい?】髪の太さとコシのケアが薄毛対策に大切な理由

「最近、髪のコシが無くなってきたような・・・」

「スタイリングしても1日もたなくなってきた」

 

髪の太さやコシの変化はなかなか気付きにくいです。

気付いたとしても、髪は生えているので対策する人は意外と少ないです。

ただ、髪のコシがないままほかっておくと、そのうち薄毛になる可能性が高いです。

髪の太さやコシを回復させるのは、薄毛対策にはとても重要です!

髪のコシは何でなくなるの?

気付いたらスタイリングがしにくくなったり、ぺちゃんと潰れやすかったり。

気付かないうちに髪が弱っているのが怖いところです。

髪が細くなったりコシがなくなるのは以下の3つが原因です。

その1:加齢

年をとると、細胞の生まれ変わりがおきにくくなります。

いわゆる、代謝が悪くなるってやつです。

これは、毛根でもいえること。
すると、髪も少しずつ細い髪になってしまいます。

その2:血行不良

食生活のかたよりやストレスで血行が悪くなります。

こうなると、髪に十分な栄養が届きにくくなります。

血は心臓から遠くなるほど届きにくくなるためです。

その3:AGAの影響

男性ホルモンの影響で、髪の太さとコシが変わることがあります。

AGAになると、皮脂が増えたりホルモンの作用の関係で、髪が抜けていきます。

・・・と同時に育ちにくい状態にもなってしまいます。

よくいうところの、ヘアサイクルが短くなっていくというやつですね。

その結果、髪も細くなりボリュームも減っていきます。

髪の太さとコシの対策が大切なワケ

「少し細くなっても、抜け毛は増えてないし大丈夫」

「そんなに気にすることないんじゃないの?」

 

そこまで目に見える変化でもないため、特に気にしていない人も多いんです。

しかし、髪の太さとコシをしっかりケアすることはとても大切なんです。

 

それは

・抜け毛、薄毛の予防につながる

・ボリュームが増えるため、AGA改善の兆しとなる

からです。

 

「髪の太さやコシがしっかりしてる=健康」と考えられます。

健康な髪は、しっかりと栄養が届けられているため、抜けにくく、髪にボリュームを与えてくれます。

こういった髪が多いほうが、抜け毛や薄毛の予防になるのは言うまでもありませんよね。

 

そして、すでに薄毛の人もAGA治療で髪のボリュームやコシが回復することで、さらにその先の発毛を目指していける兆しが見えてきます。

 

髪の太さとコシを改善することは、そういったことでもとても大きな意味をもつんです。

・あなたの薄毛、若ハゲ進行度をここでチェック!

まずは育毛剤を使ってしっかりと栄養補給を!

太く、コシのある髪にするには、しっかりと栄養補給することが必要です。

食生活を見直して、髪にいい食事に切り替えるのももちろん大切です。

 

しかし、それだけでは髪に十分な栄養は行き届きません。

しっかりと太くするためには、やはり育毛剤を使うことがおすすめです。

 

多くの育毛剤は、血行を良くする成分が含まれています。

継続して使えば、髪に十分栄養が届くようになるため、効果はあるといえます。

 

薬局やインターネットで色々な育毛剤をチェックしてみてください!

>>髪を太く育てるのに効果的な育毛剤はここからチェックできます

 

すでに薄毛が進んでいる場合は専門クリニックで診てもらうのがベター

自分では「最近ボリュームが減ってきたかな・・・」くらいに思っていても、実は意外と薄毛が進んでいることがあります。

特に頭のてっぺんや生え際など、目に見えてボリュームが減っている場合は「AGA」を疑うべきです。

 

AGAが進んでいるときは、育毛剤のみの対策では力不足。

栄養補給よりも脱毛作用の方が早いため、ケアしているそばから毛が抜けまくっていきます↓

 

その状態から髪を復活させるには、専門のクリニックへの早期相談が改善の近道になります。

正直、AGA対策に効果があるかわからないものより、医師から処方される医薬品の方が効果高いです。

 

最近ではAGA治療専門の「AGAクリニック」が増えてきています。

まずは無料カウンセリングを利用して相談するところから始めてみましょう。

>>薄毛対策の強い味方!おすすめのAGAクリニックはここからチェックできます

 

まとめ

髪の太さやコシをケアするのは、薄毛予防にも改善にも欠かすことができないです。

・・・にもかかわらず、気付いたらなくなっていることが多いですよね。

髪の太さやコシが改善されると、髪の健康はもちろんのこと、見た目の印象もかなり変わってきます。

育毛剤を使ったり、場合によっては専門のクリニックに相談するなどして、しっかりと対策をとっていきたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ