枝毛や切れ毛を増やさないために!正しいヘアアイロンの使い方!

ドライヤーだけでは絶対にキープできない、ストレートヘアや毛先のカール。

これは、ヘアアイロンを使うことで実現します。

スタイリングが長時間キープできるのは嬉しいですよね!

しかし、使い方いに注意しなければ髪を痛めてしまう危険もあります。

髪を少しでも痛まないようにヘアアイロンするには、どうしたらいいでしょうか?

スポンサーリンク

痛みを防ぐヘアアイロンの使い方は?

ヘアアイロンは、どれだけ慎重に使っても少しは髪を傷めます。

100℃以上の高温で髪の形を作るため、どうしても痛んでしまうんです。

 

できるだけ髪を痛めないようにするには、

  • 一点集中はしない
  • 濡れたまましない
  • 毎日使わない
  • 使う時間はなるべく短く

ことを意識してください。

特に濡れた髪は注意!

寝ぐせを取る時など、髪の毛を濡らしてすぐにヘアアイロンをかけていませんか?

もしそうやって使っているのであれば、すぐにやめましょう。

髪の表面の水分が蒸発するときに、髪の中の水分も蒸発してしまいます。

そうなると、髪はボロボロになります。

一カ所に集中的にあてるのもNG!

クセが強かったり、なかなか思うような髪型にできないと、ついつい一カ所に集中しがち。

これも、髪を痛める原因になります。

注意しているつもりでも、ついつい同じ場所にあたりがちですので、気をつけましょう。

使う時間が長いとダメージも増えます

毎日ヘアアイロンを使ったり、1回の時間が長かったり・・・

使う時間が長ければ、それだけ髪のダメージも増えます。

特に毎日使う場合は注意です。

毎日の微妙な変化はなかなか気付きにくく、ある日、髪がめっちゃ痛んでいることに気付くなんてことも・・・

例えば、1週間に2,3日にするなど、間隔をもたせたいところです。

ダメージケアできるヘアアイロンを使うのがベター!

最近のヘアアイロンは、ダメージケアができるものもあります。

・・・私が若いころはなかったのに↓

ダメージケアできるものの中には、「マイナスイオン機能」「赤外線効果機能」などがメジャーなものですね。

これらを使えば、多少はダメージを抑えられます。

ただ、熱を使って髪を固定していることは変わりありません。

そこを忘れないようにしましょう!

・乾燥から髪を守る対策って?

 

毎日のシャンプー&トリートメントでヘアケアしましょう

ヘアアイロンの効果を長く持続させ、髪のダメージを防ぐには毎日のヘアケアが大切です。

・アミノ酸シャンプーで保湿する

・トリートメントで毛先のケアをする

・ヘアオイルをつける

・アウトバストリートメントを使う

などがおすすめです。

 

ポイントは、髪の水分を蒸発しないようにケアすること。

これらの方法は、水分を髪に閉じこめるのに効果的といえます。

お風呂上がりやリラックスタイムなどにケアしてみましょう!

スポンサーリンク

まとめ

ヘアアイロンは、できるだけ短時間で使うべきです。

また、毎日使うのも避けたいですね。

毎日のヘアケアと適度な間隔でヘアアイロンを使うことが、髪のダメージを防ぐコツです。

髪のためにも、ケアしていきましょう。

>>髪のダメージを回復!アミノ酸シャンプーはこちらから

スポンサーリンク

コメント

  1. ちゃんみか より:

    毎朝ヘアアイロンを使っていたので
    知らないうちに髪にダメージを与えていたことを知りました。
    明日からは毎日使用するのは控えようと思います。

    アイロンをかけながら
    ダメージケアもできるのは魅力的ですね!
    家電量販店に行った際、チェックしてみます!

    • shunsuke より:

      >>ちゃんみかさん

      ヘアアイロンを使い慣れている方は毎日のスタイリングで使ってしまいがちですよね↓最近のアイロンはほんとたくさんの種類が出てますからね!チェックしてみてください。