くせ毛が雨の日に広がる原因は?3つの対策をまとめてみた

こんにちは!晴天也です!

 

くせ毛の特徴としてあげられるのが雨の日の広がり。
冬は空気が乾燥しているのでまだいいかもしれませんが、春から夏にかけてはちょっと大変ですね↓

 

特に女性の方が困っていることが多いのではないでしょうか?
ボリュームが出すぎたり、いつもよりもウネウネして収拾がつかなくなったり・・・

 

「スタイリングをして髪型を決めたくても、広がってしまうのでまとめしかない!」
「思い切ってショートカットにする!」

 

なんてことも良く聞きます。

 

それももちろん、対処するための方法の一つですが、やはり髪を伸ばしている女性がバッサリ切ってしまうのはもったいないですし、スタイリングして綺麗にみせたいですよね!

 

今回は、雨の日にくせ毛がひどくなったり、広がりやすい原因や対処法について記事にまとめてみました!

 

スポンサーリンク
 

髪が大爆発!雨でくせ毛が悪化する2つの原因とは?

雨の日はスタイリングが憂鬱で朝からイライラ・・・・という方も多いですよね。
どれだけ頑張ってスタイリングしても、1時間後にはくせが元通りになってしまうケースもあります。

 

 

この原因は一体何なのでしょうか?

 

これには、くせ毛の性質が大きく関わってきます。

 

くせ毛は、

  • 水分量が一定ではなく、乾燥しやすい。
  • キューティクルがはがれやすい。

というような特徴があります。

 

このことから考えられるのが、

  • 雨の日は湿気が多く、髪が水分を吸収しすぎてしまう。
  • 水分量にバラツキが生じる。

ということ。

 

 

くせ毛の6大原因に関する記事はこちらから!

 

 

キューティクルが剥がれて乾燥している髪は、湿気が高いと水分を吸収し膨張します。
この結果、クセが酷くなってしまうのが1つ。

 

もう一つは、髪がうねったり捻れたりしている関係で、水分量にバラツキが生じていること。
髪の内部細胞(コルテックス)の大きさの違いやキューティクルの剥がれで、水分量にバラツキが起こるとクセが強くなってしまいます。

 

髪の乾燥に関する記事はこちらから!

 

雨の日のくせ毛の悪化は、主にこれらが原因だったわけです!

 

スポンサーリンク
 

悪化を防ぐ3つの対策とは?

これらの対策のポイントは、「いかに水分量のバラツキを防ぐか!」ということ。

 

その為には、キューティクルが剥がれにくくなるようケアすることが大切です!
具体的な対処法は、

  • トリートメントでしっかりと保護する。
  • 正しいタオルドライとドライヤーによる乾かし方をする。
  • ヘアワックスやヘアオイルで髪を保護する。

などがあげられます。

 

トリートメントやヘアワックスなどは、やられている人が多いと思います。

 

残りの「タオルドライとドライヤー」についてなのですが・・・
タオルでガシガシ髪を拭いたり、近い距離からドライヤーを当てていませんか?

 

 

んー・・・耳が痛い(笑)
という方、意外と多いのでは?

 

実はこれ、意外と適当にやってしまっている人が多いんです!

 

でも、タオルドライとドライヤーのポイントを押さえると、くせ毛が収まりやすくなるんです!
具体的には、

 

  • 髪全体を包み込むように水分を取る。
  • 髪をこすらず、叩くように水気を取る。
  • アウトバストリートメントやヘアオイルをつけ、ブローする。
  • ドライヤーは根本から毛先にする。

 

がポイントです。

 

摩擦による静電気のダメージを減らし、しっかりケアすることでキューティクルが保護され、ツヤツヤな髪に近づけます!

 

一度試してみてくださいね♪

 

まとめ

雨の日にくせ毛の悪化や髪の広がりを防ぐのは、髪の水分量を均等に保つよう対策するのがポイントです。

 

そのためには、シャンプーとトリートメントで髪を保湿することや、ドライヤーの方法などといったことから注意してみましょう!

 

髪にしっかり水分補給!おすすめのシャンプーはこちらから

スポンサーリンク

すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>>薄毛は治せる時代になってます<<
>>本腰入れたAGA治療はクリニックでしましょう!<<


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>>髪がなくなってからじゃ手遅れに・・・<<
>>育毛ケアは髪がフサフサのうちからスタート!<<

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ