ノンシリコンシャンプーで髪質は変わる?シリコン入りは本当にNGなの?

「ノンシリコンシャンプー」が注目されてしばらくたちますね!

テレビCMでも見る機会が多いです。

特に女性の方で、カラーリングによるダメージを受けている場合、そのケアとして使ってみた方も多いのではないでしょうか?

バシバシに傷んだ髪がツルツルになったり、髪質が変わったりなどすることもあります。

今回は、ノンシリコンシャンプーが注目される理由や、シリコン入りのシャンプーはだめなのか?ということも含め、記事にまとめていきます!

スポンサーリンク
 

ノンシリコンが注目されている理由は?

まずはこの理由を突き止めるのが先ですね!

そもそも、シリコン(silicon)とはケイ素のことをいいます。

ケイ素にも色々と種類がありますが、例えば液晶テレビや太陽電池に使われていたりします。

シャンプーに使われているのは、ケイ素を加工したものです。

撥水性が高く、表面に被膜を作ってコーティングし、髪のまとまりをよくする作用があります。

毒性が低く、化粧品やティッシュ、柔軟仕上げ剤などに使用されていますね。

これだけ聞くと、シリコンも良さそうに感じませんか?

なのになぜ、「シリコンは良くない」みたいな話になっているのでしょうか?

 

この一因は、自然派志向がいたる所で注目されていることでしょう。

いわゆる「オーガニック」ってやつです。

食品なども「無添加」のものが注目されていますし、時代の流れともいえるでしょう。

また、シリコンは、「頭皮の毛穴をふさぎ、髪が生えにくくなる」「髪をコーティングしてしまったら、汚れが落ちない」

という噂が広がっておりいます。

ここから、汚れが残ることによって頭皮環境が悪化する・・・と考えられているわけです。

その点、ノンシリコンはこのような心配がないので使いやすいですね!

そしてもう一つ、ノンシリコンシャンプーが人気なのは、日本人の髪の好みの変化によるものと考えることもできます!

昔は太く直毛の髪が多く、まとまりをよくするためにシリコンが好まれました。

ところが今はさらさらでふんわりした髪型が人気ですから、まとまりの良いシリコンはべったり感を感じさせ、敬遠される原因の1つとなったのです。

これらの理由から、ノンシリコンが注目されるようになったといえます。

・誰でも簡単!髪質を綺麗にする方法とは?

髪質は変わるのか?

ノンシリコンのメリットは、洗い上がりが軽く、ふんわり感やボリュームが出ること。

これだけ見ると、髪質が変わったかのように感じるかもしれません。

どちらかというと、「本来の髪質に戻った」という表現が正しいと考えられます。

というのも、シリコンは髪をコーティングする働きがありますので、そのおかげでサラサラになったり髪がまとまったりしているわけで。

これを変えたからといって、本来の髪質に大きな変化は起こらないということです。

ノンシリコンシャンプーは適度な洗浄力で、頭皮環境を整える働きもありますので、良い意味でリセットされるというわけですね!

シリコン入りは使ったらダメなの?

では、シリコン入りのシャンプーを使うのは避けるべきなのか?

実際のところ、シリコンにもしっかりとしたメリットがあります。

例えば、

・髪同士の摩擦を軽減してくれる

・ドライヤーを使っても髪が傷みにくい

などが考えられます。

なので、特に髪が傷んでいる人に最適と言われています。

また、200℃以上の高音にも耐えるので、ドライヤーを使っても髪が傷みにくいというメリットもあります。

しかしながら、シリコン入りのシャンプーは、丁寧にシャンプーし、すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流すことが必要です。

ここに気を付けなければ、頭皮ニキビや抜け毛の原因にもなりかねませんから、使用する際は注意しましょう。

ノンシリコンにもデメリットはある!

逆に、ノンシリコンでも髪の状態によってはデメリットがあります。

例えば、

・コーティングされないので、ダメージを受けやすくなる。

・ドライヤーの熱を直接浴びてしまう。

 

などが考えられます。

そして、ノンシリコンシャンプーはこれらの欠点をカバーするために、キトサンや油分などのコーティング成分を配合してあります。

実際、デメリット部分をカバーするためにどのような成分が入っているかノンシリコンシャンプーと言われる商品を例に見てみましょう!

ノンシリコンシャンプーの成分一例

参考として、@cosmeで人気商品の「A(商品名は伏せます)」という、成分を見てみましょう。

 

主要成分

水、ラウレス硫酸アンモニウム、エタノール、ラウラミドプロピルベタイン、ラウレスー16、コハク酸、ラウリルヒドロキシスルタイン、ポリクオタニウム-10、安息香酸Na、・・・etc.

成分名効果
ラウレス硫酸アンモニウム泡立ちと洗浄力が非常によい界面活性剤ですが、刺激性あり。
ラウレス-16石油系の合成界面活性剤で、刺激が強い。
ポリクオタニウム-10シリコンの代わりで保湿・帯電防止作用があるが、皮膚を刺激する作用あり。
安息香酸Na防腐剤。

という具合に、例えノンシリコンでも、頭皮や髪への刺激が強いものを含有している場合もあります。

ノンシリコンだから何でもOK・・・きちんと成分を確認する必要があると言えますね!

スポンサーリンク

まとめ

ノンシリコンシャンプーのことを少しはお分かりいただいたかと思います。

ノンシリコンシャンプーは、頭皮の環境を健康な状態に戻し、本来の髪の美しさを取り戻す為に効果的と言えます!

しかしながら、ノンシリコンシャンプーでも頭皮に負担となる成分が配合されているものも稀にありますので、成分はチェックしたいところです。

シャンプーを選ぶときは、この記事を参考にしてみてくださいね!

>>女性必見!アミノ酸配合のノンシリコンシャンプーランキングはここをチェック

スポンサーリンク

コメント