20代で若ハゲになってしまう理由と対策まとめ

まだ20代なのにハゲてきた・・・

もし自分がなったとするとゾッとしますよね。

でも、20代で薄くなってしまう可能性は誰でもありえます。

その原因と対策についてまとめていきます。

20代で若ハゲになってしまう原因はこれ

20代で若ハゲになる原因

・男性ホルモンのバランスが崩れ、AGAを発症する

・ストレス

・食生活、生活の乱れ

20代になると、就職・結婚といった人生でも大きな転機となる機会が多くあります。

特に就職は、今後の人生を過ごしていくうえで、大きなウェイトを占めることになります。

いろいろな人とのつながりが増えたり、給料がもらえる反面、多くのストレスを抱えたり、付き合いの飲み会が増えるなど、髪にとっては結構なマイナスになることもあります。

ストレスの影響で血行が悪くなり髪に栄養が届きにくくなったり、男性ホルモンのバランスが崩れてAGAを発症したりする可能性もあります。

20代で若ハゲになってしまうのは、ストレスや食生活、生活の乱れから男性ホルモンが崩れ、AGAを引き起こしてしまうことが原因となる確率が高いといえます。

・ストレスで薄毛になってしまう原因はコレ

髪があるうちから「髪を守る」対策が大切

 

よく20代で若ハゲになってしまう人は、

「気づいたら髪のボリュームが減っていた」

「知らない間にてっぺんが薄くなっていた」

ということが多くあります。

これを防ぐためにも、髪があるうちからの対策がとても大切になります。

具体的には、

・育毛剤で髪に栄養補給

・趣味を見つけてストレス発散

・ミネラル、大豆食品を意識して栄養摂取

などで対策できます。

ミネラルや大豆食品は、髪を成長させるのに必要な栄養素になるため、意識してとりたいところ。

さらに、ストレス発散は血行を改善するためにも大切です。

そこに、育毛剤で栄養補給することで、髪の成長を助けることができます。

どれか単発・・・というよりも、すべてを意識することで効率よく若ハゲ予防をすることができるということを覚えておきましょう。

薄毛が進んでいる場合はAGAクリニックでの治療も検討を

「もうだいぶM字部分が薄くなってきてる・・・」

「てっぺんがカッパみたいに薄毛に・・・」

という感じで、すでに若ハゲが進んでいる人は、育毛剤のみの対応ではカバーしきれない確率が高いです。

例えば、画像レベルでM字やてっぺんが薄くなってきている方は、育毛剤では改善が厳しいレベルです。

ここまで若ハゲが進んでいる方は、AGAクリニックなどの病院での治療を検討する必要もあります。

AGAクリニックは、

・無料カウンセリングで医師に状態を確認してもらえる

・AGA治療薬で薄毛の対処ができる

などのメリットも多く、かなりの確率で薄毛の改善を図ることが可能になります。

「もう一度髪を取り戻したい!!」という方は、AGAクリニックでの治療も検討し、無料カウンセリングからスタートすることがおすすめです。

・AGAクリニックで無料カウンセリングを受けるメリットをまとめてみた

20代の若ハゲ対策はスピードが命

20代で若ハゲに悩むのに多いパターンは、

・まだ髪はあるけど将来の薄毛が心配

・ちょっと薄くなってきたかな・・・

という状態の人です。

すでにかなり薄いという方もいますが、比率的には少ないはず。

その状態であれば、早々に育毛剤や食生活の改善などで対策をすることが大切です。

また、すでに薄毛の方もAGAクリニックでの無料カウンセリングなど、何かしらの対策をとることが改善の近道になります。

まだ体の年齢も若く、改善効果も出やすいこともあるので、若ハゲ予防・対策はスピーディーな対策が大切ということを意識したいですね!

>>若ハゲ予防におすすめな育毛剤はこちらからチェックできます

すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>>薄毛は治せる時代になってます<<
>>本腰入れたAGA治療はクリニックでしましょう!<<


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>>髪がなくなってからじゃ手遅れに・・・<<
>>育毛ケアは髪がフサフサのうちからスタート!<<

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ