【ひげ?やせ細り?】抜け毛の毛根から分かる頭皮の危険度をチェック!

「あぁ、今日もこんなに抜けちゃった・・・」

あまりの抜け毛の多さから、毎日のシャンプーの時間がゆううつな方もみえるのでは無いでしょうか。

正直、ごっそり抜けた髪の毛は見たくないですよね。

ただ、勇気を出して抜け毛チェックをすることをおすすめします。

抜け毛の毛根をチェックすることで、自分の頭皮や髪の状態をある程度把握することができるからです。

そこから状態にあった対策をすることで、ごっそり抜けていた髪を少しずつ減らしていくようケアすることができます。

スポンサーリンク

毛根の「やせ細り」は危険信号!

毛根は、

  • マッチ棒(危険度無し~小)
  • マッチ棒に白いひげ(危険度小~中)
  • やせ細り(危険度中~大)

の3パターンに分かれます。

 

まず、健康な毛根は、マッチ棒型になっています。

適切なヘアサイクルで抜け落ちたことや、栄養分、頭皮の状態も良好ということが言えるでしょう。

 

マッチ棒型の毛根に白いひげ(糸)の様なものがついていた場合は、少し注意が必要です!

栄養不足やホルモンバランスの崩れなどで、このような毛根の状態になりやすく、ヘアサイクルが休止期に入る前に抜けてしまった髪に見られることが多いです。

この段階での育毛剤によるケアで回復するケースも多いため、ケアを始めていきたい状態です。

 

そして、一番マズい状態が毛根のやせ細りです。

毛根のふくらみが小さく、ヘタすると「毛根ついてなくない?」というレベルのものもあります。毛根が尖っている形をしていれば、ほぼ間違いなく「毛根のやせ細り」です。

この状態の何がマズいかというと、この状態はAGAが進行していくときに見られる状態だからです。

この場合は、育毛剤や育毛シャンプーの利用だけでは対策しきれないため、AGAクリニックでの薄毛治療での対策が有効になります。

・ハゲ、薄毛対策でAGAクリニックが必要なケースをチェック

 

抜け毛の毛根をチェックすることで、今の髪の状態を理解できるので、薄毛対策を始める前にチェックしておきましょう。

毛根チェックで頭皮の状態が分かる?!

髪が生えるのには色々な細胞がかかわっています。

 

特に大切なのが「毛乳頭」です。

ここに神経や血管が集中し、髪を生やしたり伸ばしたりするの信号を送るようなところです。

毛の根幹を支える大事な細胞で、ここから毛母細胞に栄養を送って髪を作っていくわけです。

 

この毛乳頭へ、しっかりとした栄養が送られなかったり頭皮の状態がよろしくないと、健康な髪が育ちません。

他にも、頭皮をいい状態に保つことは、髪を育てるには大変重要になります。

当然、頭皮の状態が悪いと健康な髪が育たないので、毛根にもその影響があらわれます。

・つむじの若ハゲ・薄毛対策はこちらをチェック

毛根への栄養補給で髪を強くしよう

毛根を復活させるための対策

・育毛剤で血行促進

・睡眠、ストレス発散

・場合によってはAGAクリニックへ相談

抜け毛の毛根をみて、「先細り」や「白いひげ」がついていた場合は要注意。

そのままにしておくと、どんどん抜け毛が増えて薄毛になってしまう可能性が高く、毛を育てる対策が必要です。

 

対策のポイントは、毛根に栄養補給をして髪を育てること。

そのために出来る最善の策を取ることが、毛根と髪を復活させるカギになります。

 

具体的には、上に書いてあることに意識して対策することで、毛根と髪を育てることができます。

まだ髪の毛がしっかり残っている状態であれば、育毛剤での栄養補給と睡眠・ストレスの発散に意識していくことで髪が元気になってくる可能性が高いです。

毛根が復活してくると、髪が根元から立ち上がったような感じがしますし、抜け毛を見ても、ぷっくりマッチ棒型の毛根に変化していますので、自分でもチェックすることができます。

・髪をしっかり育てられるおすすめの育毛剤はここからチェックできます

 

すでに薄毛がかなり進んでいる場合は、AGAクリニックの無料カウンセリングなどで相談をするところからスタートするといいですね。

専門の医師の目線でしっかり判断をしてもらえますし、医療の力を使って治療できますので、改善効果はより高いと言えます。

 

まとめ

毛根一つチェックするだけでも、自分の髪の状態などが確認できるため、薄毛予防につながります。

将来の薄毛予防・薄毛対策にも有効なので、一度自分の抜け毛をチェックしてみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ