おでこが広くなった気が・・・m字ハゲの改善は育毛剤だけでは厳しい件

 

「最近、おでこが広くなったような・・・」

「Mハゲは嫌だから適当に育毛剤買って使ってみよう!」

前髪の生え際は、毎朝のスタイリングのときに必ず見るところ。

ちょっとした変化でも気づいてしまいますよね。

生え際は、一度薄くなってしまうとなかなか改善しにくいと言われています。

今回は、m字部分の薄毛の対策についてまとめます。

育毛剤だけでは厳しい?生え際の後退をとめるのが難しい理由

一度後退しだすと、なかなか止められない生え際の薄毛。

ここは、育毛剤の効果がもっとも出にくい場所と言われています。

 

その理由は、

・おでこの生え際は皮膚が薄いため、固くなりやすい

・血管が細い

・男性ホルモンの影響を受けやすい

これは、モロに髪が薄くなるための要件でもあります。

というのも、

  • 皮膚が硬くなりやすい → 血行不良になりやすい
  • 血管が細い → 栄養が髪に届きにくい
  • 男性ホルモンの影響 → 男性型脱毛症(AGA)の原因になる

だからです。

皮膚の薄さは個人差がありますけどね。

なので、中途半端な対策をしても効果が出ないんです。

髪がまだフサフサな状態なら、育毛剤だけでもm字ハゲ予防ができる確率は高いですが、すでに薄毛の場合は育毛剤だけでは力不足です。

それ以上の対策も視野にいれて動く必要がでてきます。

・男性ホルモンがAGAの原因になる理由

m字部分の髪を生やしたいならAGA治療でがっつり対策すべき

すでにだいぶ生え際の薄毛が進んでいる人は、「もう一回m字部分に髪を生やしたい」と意気込んでいる方も多いはず。

この発毛、めっちゃ難しいことなのはお分かりかと思います。

活動をほぼ止めている毛根を、もう一回活動するようにしないといけないですからね。

特にm字部分の薄毛は、後退を食い止めるのも難しいのに、発毛までとなると・・・いわなくてもお分かりですよね。

なので、m字部分の発毛を目指したいなら、中途半端な対応は時間とお金のムダになります。いち早く、育毛剤の次の段階の薄毛対策をするべきなんです。

今の薄毛対策の最先端は、AGAクリニックでの治療です。

医師の診察・治療と処方されるAGA治療薬を使うことで、改善する確率はかなり高くなります。

私の場合だと、AGAクリニックに通いだして半年くらいでこのくらいの違いが出てきます。

ちなみに、私の治療パターンは、AGA治療薬の処方のみで、注射などの施術はしてません。

写真でも、結構な違いが分かりますよね。

AGAクリニックで対策すると、育毛剤だけでは難しいレベルまで変化してきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>生え際の薄毛対策に通いたいおすすめのAGAクリニックはここで確認できます

 

m字ハゲ予防は○○を改善する成分が入っている育毛剤がおすすめ

「生え際の後退を防ぎのは無理なんじゃ・・・」

という声が聞こえてきそうですね。

しかし、ある成分を含んでいる育毛剤を選べば、生え際の後退を防ぐのに有効だと言えます。

それは、血行促進成分と男性ホルモン抑制成分を含む育毛剤です。

 

その成分は、

・血行促進成分→センブリエキス、ミノキシジル、M-034

・男性ホルモン抑制成分→ヒオウギエキス、オウゴンエキス、冬虫夏草エキス

などがあります。

 

生え際が薄くなりやすい理由を知った上で、対策をとれば予防することができます。

これらの成分を含む育毛剤は、「リアップ」「チャップアップ」「ブブカ」などがあります。

リアップは薬局でも買えますし、テレビCMなどでもたくさんやってるので、聞いたことある人が多いのではないでしょうか?

予防の段階から、このような成分を含む育毛剤でケアしていくことがとっても大切なんです。

>>m字部分のAGA予防におすすめな育毛剤はここでチェックできます

 

まとめ

「だいぶおでこが広くなってきたね」

なんて他人に指摘されるのつらいですよね。

でも、そういう指摘って当たっていることが多いです。

AGAを予防する場合と、すでにかなり進んでしまったAGA状態から、m字部分に発毛を目指すのでは対策が変わってきます。

自分のm字部分の状態と見比べ、対策をとっていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ