【髪を保護せよ!】湿気からくせ毛を守る3つの対策

春から夏への季節の移り変わりの時期って、徐々に湿度が高くなってきますよね。

その時に困るのが、

 

  • 髪がうねる
  • 爆発して手が付けられなくなる

 

などのクセ毛症状!

特に髪が長い人にとっては悩ましい問題ですね↓

それを防ぐには、湿気から髪をまもる対策をする必要があります!

一体どうしたら症状を改善できるのでしょうか?

スポンサーリンク

湿気がくせ毛を悪化させる原因はこれ!

「冬はそこまでひどくないのに、湿気が高くなると急に髪がうねりだす」

という方は意外と多いです。そして、私もその中の一人です!

湿気が多いと髪がうねったりクセ毛がひどくなる原因は、髪の水分量の変化がカギです。

・急に髪質が変化した?!その原因に関する記事はこちら!

 

元々クセ毛の場合は、一本の髪あたりの水分量にばらつきがあります。

さらに髪の毛1本単位でみても、水分が十分にある部分と乾燥している分があり、その結果、クセ毛になってしまうという特徴もあるんです。

さらに、カラーリングやパーマで髪が痛んでいる場合も同じく、髪が乾燥している部分と潤っている部分の差がはっきりと表れます。

そして、湿気が高くなることで髪が水分を吸収しようとするため、より一層水分バランスが崩れ、くせが強くなってしまう・・・という仕組みなわけです。

湿気からくせ毛を守る3つの方法とは?

これを防ぐには、水分量のバランスをなるべく均一に保つように工夫すること。

そのためには、水分吸収しすぎないようにするために、髪の表面に「膜」をつくってあげる必要があるんです。

どうやって実行するか?

おすすめの方法を3つ紹介していきます!

①オイルタイプのスプレーやスタイリング剤の使用

出掛ける前の髪のセットで、オイルタイプのスプレーやスタイリング剤を使用するのがオススメです。

油は水をはじくため、余分な水分の吸収を抑え、ちょうど良い状態を維持してくれます!

②アミノ酸配合のノンシリコンシャンプーでケアする

ダメージヘアは、髪の水分量のバラつきを起こさせ、くせ毛を悪化させる原因となってしまいます。

そうならないために、シャンプーやトリートメントなどでダメージケアをしていく必要があります!

おすすめは、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーの使用です!

優しく頭皮を洗うとともに、天然成分で髪も頭皮もしっかりとケアしてくれるので、ダメージの補修とともに湿気からガードもしてくれますからね。

ぜひ使用を検討してみましょう!

③寝る前のドライヤー方法

寝る前のドライヤーで、いかに上手く乾かせるかがカギになります!

乾かし方1つで、不思議とくせ毛が出にくくなったりします。

熱の力で髪にくせづけることが出来ますからね!

私もドライヤーを上手く使えるようになって、クセの収まりが圧倒的に良くなりましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

・くせ毛を押さえる乾かし方はこちら!

スポンサーリンク
 

まとめ

くせ毛が湿気で悪化する原因は、髪が多くの水分を吸収してしまうためにあります。

また、水分量のばらつき、髪のダメージによる余分な水分吸収というのも覚えておきたいですね!

元々くせ毛の方、途中からくせ毛になってしまう方の個人差はあるものの、水分量のバラツキを防げば、湿気が多くなる時期の悩みはだいぶ解消されるはずです!

悩みすぎず、しっかり対策していきましょう!

 

スポンサーリンク

コメント