白髪の原因はアレの働きが弱るから!今からできる3つの予防策は?

白髪の発生には個人差があります。

すべての髪が真っ白になる方、中学生から白髪に悩まされている方など、人によってそれぞれですよね!

私も中学生の頃から白髪に悩まされてきましたが、本人にとっては結構深刻な悩みだったりします↓

中学の時は老けて見られやすいのが一番嫌でしたね~。

ということで今回は、白髪の原因や予防方法について情報を調べて記事にまとめていきます!

スポンサーリンク

白髪の原因は○○の働きが弱っているから!

みなさんは、毛が作られた時は無色だということをご存じですか?

言われてみれば、「産毛」なんかは色がついていないですもんね。

髪が黒くなるのは、成長するしたがって「メラニン」という細胞の働きによって影響を受けるためです。

メラニンは、毛根付近にある「メラノサイト」という細胞で作られています。

このメラノサイトは、毛根部分以外にも皮膚の表皮内や汗腺などにも存在します。

特に皮膚の表皮内のメラノサイトは、紫外線から体の細胞を守る(日焼けするのはこのため)役割もしているわけです。

白髪が増える原因は、このメラノサイトが何かしらの理由によって、メラニン生成の機能が低下しているとき、毛髪に十分な色素がいかずに白髪となってしまいます!

 

メラノサイトの機能が低下する原因としては、

遺伝

・加齢

・ストレス

・生活習慣の乱れ

などがあります。

これらをいかに防いでいくかがポイントになりそうですね。

・白髪は抜いちゃダメ!やめるべき理由とは?

白髪予防のカギはメラノサイト!機能低下を防ぐ方法を考えていきましょう!

3つの予防策とは?

白髪の原因を知った後は、その予防策を押さえていきましょう!

具体的には、以下の3つの対策が考えられます!

 ①チロシンを摂取する

メラノサイトは、チロシンというアミノ酸の一種からメラニンを作ります。

なので、まずはチロシンを摂取することを意識しましょう!

チロシンを摂取するには、大豆や乳製品をとることです。

一日当たり500mg~2000mgを目安にチロシンを摂取することが望ましいと言われています。

これだけ摂取しようとすると、チーズや豆腐を50g~200gくらいは食べる計算になります。

大体、木綿豆腐1丁が200~300g程なので目安にしてみましょう。

②チロシンを体内で増やす

次は体内でチロシンを増やすことを考えてみましょう。

チロシンを体内で増やすには、フェルアラニンという必須アミノ酸の一種を摂取することが大切です。

これをとることで、肝臓がチロシンを生成してくれます。

フェルアラニンは、肉や魚・卵・乳製品等に含まれていますので、植物性と動物性たんぱく質をバランスよく摂取することが望ましいですね。

③生活習慣を見直す

生活習慣の乱れはすべてに影響してきます。

・睡眠時間の確保

・適度な運動

・喫煙、飲酒の節制

 

などを見直すことによって、白髪予防にも一定の効果があると思われます!

・白髪対策でとりたい栄養についてまとめてみた

栄養バランスと生活習慣の改善が白髪を予防するカギです!

スポンサーリンク

まとめ

白髪は、加齢や遺伝の影響もあるため、自分自身ではどうにもならないと思い落ち込んでしまうかもしれません。

しかし、十分な栄養を摂り規則正しい生活を送るなど、白髪の進行を緩やかにするためにできることもあります。

「仕事や家事を休むことはできないから」と無理をして、毎日疲れが溜まりまくっている方、いませんか?
私も仕事が忙しく、人のことを言えた立場ではないですが、やはりしっかり休む時間も必要だなと最近強く思います!

体のケアもしっかりして、白髪予防していきましょう。

・白髪と薄毛の関係についてまとめてみた

スポンサーリンク
 

すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>>薄毛は治せる時代になってます<<
>>本腰入れたAGA治療はクリニックでしましょう!<<


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>>髪がなくなってからじゃ手遅れに・・・<<
>>育毛ケアは髪がフサフサのうちからスタート!<<

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ