本当に大丈夫?!縮毛矯正で考えられる地肌への影響とは?

くせ毛が強い方が一度はしてみたい髪型、「ストレートヘア」。

男性はそこまで思ったことはないかもしれませんが、女性の方は誰しもが一度はあこがれたことがあるはず。

ストレートな髪を作るため、毎朝ヘアアイロンで必死に伸ばしている方もいるのではないでしょうか?

 

でも、アイロンで髪を伸ばすのって結構時間かかりますよね。そこで考えるのが、縮毛矯正でストレートを手に入れる方法!

薬と専用の機械を使って矯正するため、しっかりとストレートになりますし、毎朝ヘアアイロンと戦う必要もなくなります。

 

お金はかかるものの、確実に縮毛矯正の方が楽ですし、効果が高いです。

・・・ただ、気になるのが髪や地肌へのダメージ。

かけかたを間違えると、将来薄毛になってしまうかもしれません。

今回は、縮毛矯正によって考えられる髪や地肌への影響についてまとめていきます。

スポンサーリンク

縮毛矯正の薬剤や工程は?

縮毛矯正をしたことがない方は、使う薬剤は施術の工程が気になりますよね。

まず縮毛矯正というのは、くせ毛(縮毛)状態の髪を、ほぼ完全に直毛で固定するために行う施術のことです。

 

そのためには当然、専用の薬剤なども利用するわけです。

髪の毛を真っ直ぐにする方法は、ストレートパーマと縮毛矯正の2種類あります。

両方とも同じような目的なのですが、専門的に見ると、かけたパーマを戻すのがストレートパーマ、くせを矯正するのが縮毛矯正と言われているようです。

使う薬剤についても、ストレートパーマはパーマ液、縮毛矯正は専用の薬剤を使います。

髪を伸ばす時も、ストレートパーマはクシで伸ばすのに対し、縮毛矯正は熱で矯正します。

 

なので、髪へのダメージが大きいのは縮毛矯正です。

そして、縮毛矯正の簡単な流れはこのようになります。

工程内容
①シャンプーと栄養剤塗布シャンプーで髪の汚れやコーティング剤(トリートメントなど)を取り、その後薬剤のダメージを減らすためにタンパク質などの栄養剤を塗布します。
②薬剤(1剤)を塗布髪質を見ながら一人一人に合った薬剤を調合し、塗布します。
③1剤を浸透させる頭皮全体をラップなどで包み、ヘアスチーマー(お釜のような形のもの)で全体に熱を加え、浸透させます。
④洗髪する1剤が浸透したかどうか確認し、一旦薬剤を洗い流します。
⑤ヘアアイロンで伸ばすドライヤーで髪を乾かした後、160~220℃のストレートアイロンで髪の根元から髪を伸ばします。
⑥薬剤(2剤)を塗布2剤を髪全体に塗ります。
⑦洗髪する2剤を浸透させたら丁寧に洗い流します。
⑧ドライヤーで乾かす髪全体をブローして終了です。

昔は、縮毛矯正というと板のように真っ直ぐな髪になってしまうことが多かったようですが、現在では薬剤を弱くしたりアイロンの温度を下げたり、少しカールをつけたり、一部にだけ薬剤をつけるといった方法が確立され、より自然な仕上がり感になるように工夫されています。

では、縮毛矯正における地肌や髪へのダメージで、一番影響がある所は何なのでしょうか?

地肌と髪への影響で深刻なのは○○と○○!

地肌と髪へ大きな影響をもたらすのが、「1剤」と「熱」です。

まず、1剤は髪のくせを取るために、髪の内部構造を変える液だからです。

髪の毛はタンパク質で出来ています。地肌(頭皮)もそれは同じ。

つまり、地肌のタンパク質も影響を受けてしまうのです。

それによって、かぶれやかゆみが起きます。

さらに、1液をつけた後に高温のヘアアイロンで伸ばします。

この時、技術が未熟な美容師がおこなうと、アイロンが直接頭皮に当たってしまい、火傷を起こすことがあります。

これは、ドライヤーが高温すぎても同様です。

くせ毛を抑える方法としてドライヤーをうまく使うのは有効ですが、熱をかけすぎると髪にもダメージが出てしまいます。

・OLの髪と頭皮は乾燥しやすい!おすすめの対処法は?

こんな人は縮毛矯正をやめた方がベター

以下にまとめた状態に当てはまる方は、縮毛矯正をやめた方がベターです。

ストレートでサラサラの髪にあこがれる気持ちはわかるのですが、無理にすることで、髪がボロボロになってしまうこともありますので、注意が必要です。

①髪の毛が傷んでいる場合

現在の髪の毛は健康でしょうか?

ストレスや生活習慣の乱れによって、あるいはこれまでのパーマやスタイリング剤などによって髪が傷んでいる場合、くせが出ることがよくあります。

そんな状態の時に縮毛矯正をすると、更に毛根が傷みくせが強くなる場合があるのです。

②皮膚が弱い、又はアレルギーがある場合

縮毛矯正に限りませんが、薬剤は必ず頭皮に負担をかけます。

特に1液を何度も使用することによって、成分にアレルギーを起こす人は少なからずいます。

③生理中や妊娠中

生理中や妊娠中はホルモンのバランスの影響で皮膚がいつもより敏感になっています。

そのため、地肌がかぶれやすくなってしまうことが考えられます。

縮毛矯正は美容師さんとの信頼関係が大切

私のいきつけの美容師さんが言っていたのですが、縮毛矯正やパーマ、カラーリングの場合は、かなり強い薬剤を使うケースも多いため、髪質チェックはもちろん地肌のチェックも必ずするそうです。

 

・・・で、経験値が高い美容師さんほど、地肌を見ただけでどこまでの薬剤が使えるか判断がつくみたいですね。

後々苦情になると良くないので、「これ以上やると、地肌がほぼ確実に地肌はあれるけど、どうする?」という確認は絶対するそうです。

あくまで本人の希望になるので、やれと言われればやるみたいですが・・・一応やめさせるように説得はするそうです。

 

こういったアドバイスをしてくれる美容師さんが、はたしてどの程度いるかですが・・・担当の美容師さんと相談して、無理のない範囲で施術できるようにしてもらうようにしましょう。

・前髪のクセ毛をうまく抑える方法はここでチェック

縮毛矯正をする前にまずはシャンプーで対策を

ひどいくせ毛の場合、悩みから開放されようと縮毛矯正を考えられる方も思います。

女性の多くの方が、綺麗なストレートヘアーに憧れるものですからね。

ただ、それが元で髪や頭皮がボロボロになってしまうのも困りもの・・・

 

なので、まずはシャンプーから見直してみるのはいかがですか?

くせ毛悪化の原因は、頭皮の状態がよくないことも一員としてありますから。

アミノ酸配合のノンシリコンシャンプーなどでケアしていけば、髪質が綺麗に改善することもありますからね。

頭皮や髪のことを考えれば、シャンプーでケアできた方がいいですからね。

急いで縮毛矯正したい気持ちも分かりますが、先のことを考えて、まずはシャンプーで様子をみることからおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

縮毛矯正によって傷んだ頭皮がすぐに治るのであれば、それほど気にする必要はありません。

ですが、縮毛矯正を繰り返している人は高い確率で薄毛になっています。

頭皮が炎症を起こし、血管が弱くなることによって、薄毛や細毛の進行が早まるのです。

技術の高い美容師は、1液をつける時も頭皮につかないよう細心の注意を払って薬剤を塗るといいます。

ですが、直接つけなくてもラップを巻いてしばらく放置しますから、結局は頭皮に流れてしまう可能性が高いですよね。

私もパーマをかけた際は、頭皮にめっちゃ薬剤がつくので、ちょっと焦ったことを覚えています。

今のおしゃれも良いですが、やりすぎてしまうと将来薄毛になってしまうことも・・・ということは覚えておいた方がよさそうですね。

>>剛毛くせ毛の改善におすすめなシャンプーはここからチェックできます

スポンサーリンク

すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>>薄毛は治せる時代になってます<<
>>本腰入れたAGA治療はクリニックでしましょう!<<


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>>髪がなくなってからじゃ手遅れに・・・<<
>>育毛ケアは髪がフサフサのうちからスタート!<<

8 Responses to “本当に大丈夫?!縮毛矯正で考えられる地肌への影響とは?”

  1. tohl より:

    こんにちは
    いつも拝見しています

    以前、仕事のストレスがひどかったときに縮毛矯正して頭皮がひどく荒れた経験からさけていましたが

    >経験値が高い美容師さんほど、地肌を見ただけでどこまでの薬剤が使えるか判断がつくみたいですね。

    こんなこともあるんですね

    今後は経験値の高い美容師さんに相談しようと思います
    ありがとうございました

    • shunsuke より:

      >>tohlさん

      いつも見ていただき、ありがとうございます。
      縮毛矯正で頭皮が荒れてしまった経験があられるんですね↓
      私が担当してもらっている美容師さんは、肌質などからある程度推測するそうです。
      コメントありがとうございます。

  2. tohl より:

    こんにちは
    いつも拝見しています

    以前、仕事のストレスがひどかったときに縮毛矯正して頭皮がひどく荒れた経験からさけていましたが

    >経験値が高い美容師さんほど、地肌を見ただけでどこまでの薬剤が使えるか判断がつくみたいですね。

    こんなこともあるんですね

    今後は経験値の高い美容師さんに相談しようと思います
    ありがとうございました

    • shunsuke より:

      >>tohlさん

      いつも見ていただき、ありがとうございます。
      縮毛矯正で頭皮が荒れてしまった経験があられるんですね↓
      私が担当してもらっている美容師さんは、肌質などからある程度推測するそうです。
      コメントありがとうございます。

  3. リツ より:

    私も縮毛矯正よりシャンプーを見直した方が良いと思います。8年前に1度縮毛矯正をし、不自然なほどのストレートになって後悔しました。今は縮毛矯正を含め、髪に熱を加えるのを極力避けています。

    • shunsuke より:

      >>リツさん

      縮毛矯正の薬が効きすぎたりすると、不自然なストレートになることもあるようですね↓
      やはり、シャンプーや食生活を見直して少しずつ改善させていくのがベターですね。

  4. リツ より:

    私も縮毛矯正よりシャンプーを見直した方が良いと思います。8年前に1度縮毛矯正をし、不自然なほどのストレートになって後悔しました。今は縮毛矯正を含め、髪に熱を加えるのを極力避けています。

    • shunsuke より:

      >>リツさん

      縮毛矯正の薬が効きすぎたりすると、不自然なストレートになることもあるようですね↓
      やはり、シャンプーや食生活を見直して少しずつ改善させていくのがベターですね。

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ