頭頂部の薄毛は育毛剤で改善しやすいって本当?

「知り合いに頭のてっぺんが薄いって言われた」

「なんとかてっぺんの薄毛を治したい!」

頭のてっぺん(頭頂部)は髪が薄くなっているのに自分じゃ気づきにくいですよね。

しかし、頭頂部の薄毛は、早くに気づいてケアすれば、改善しやすいんです。

生え際よりはよっぽど効果が出やすいです。

その理由やケアの方法、選ぶべき育毛剤の情報をまとめていきます。

頭頂部はなぜ薄くなりやすいのか?

「薄毛といったら頭頂部」

これぐらいてっぺんはハゲの印象が強いです。

そもそも、何で頭頂部から薄くなっていく人が多いのか?

原因は以下のことが考えられます!

その① 男性ホルモン(テストステロン)

頭部のうち、生え際と頭頂部は男性ホルモンの影響を受けやすいのです。

この男性ホルモン(テストステロン)は皮脂が多くなるとジヒドロテストステロン(DHT)という物質を生成し、髪の成長を止め、脱毛を進めてしまいます。

これがいわゆる、AGA(男性型脱毛症)というやつです。

その② 生活習慣

脂っぽいものを多く食べた翌朝、吹き出物が出来ていたり、顔がいやにギラギラ脂ぎっていることありませんか?

それが頭皮にも起こっているのです

そして、男性は女性よりてっぺんに皮脂が多いのです。

すると、①のジヒドロテストステロンだけでなく、皮脂をエサにしているマラセチアという常在菌を繁殖させてしまいます。

これは水虫と同じカビです。

かゆみや炎症の原因となり、頭皮の奥にもダメージを与えてしまいます。

その③ ストレス

ストレスによって血管が収縮することで、血流が悪くなることがわかっています。

頭のてっぺんは心臓から遠いため、血が届きにくい場所です。

ストレスで血流が悪くなると頭頂部に栄養が行かなくなってしまうのです。

・ストレスで抜け毛が増える原因と対策はここでチェック

その④ 遺伝

遺伝は、母親から受け継いだ遺伝子によって薄毛になる可能性が高い、という結果が出ているそうです。

つまり、母親の父方に薄毛が多ければ、本人も薄毛になる場合が多いのです。

いわゆる隔世遺伝っていうやつですね。

ちなみに、私の母方の祖父はツルツルだったので、今からビクビクしております(><)

その⑤ 紫外線

頭皮や髪の毛に注がれる紫外線は顔の3倍以上と言われます。

そして、頭頂部が最も紫外線を受ける場所。

紫外線によって毛母細胞がダメージを受けると、髪が抜けやすくなると言われています。

頭頂部に皮脂が過剰に残っていれば、更に脂焼けがひどくなります。

頭頂部の薄毛は多くの原因が絡み合って起こる!

このように、頭頂部の薄毛には、多くの原因が複雑に絡み合っているのです!

中々一筋縄にはいかないですよね。

こういった特徴を知った上で、対策を取っていく必要があります。

・男性ホルモンがAGAの原因になる理由って?

改善のコツは○○な育毛剤を使うこと!

「紫外線とか防げないし、どうしようもないじゃん」

「遺伝で薄くなるってことは止められないってこと?」

確かに、紫外線も遺伝も何ともしがたいところはあるかもしれません。

 

ただ、あることを意識すれば、てっぺんの薄毛を改善したり、予防することが可能になります。

 

それは、 血行促進を売りにしている育毛剤を使用することです。

育毛剤で栄養補給をして血流をよくすることで、髪がしっかりと育つようになります。

「チャップアップ」「ブブカ」「リアップ」「アデノゲン」などがこういった育毛剤にあたりますね。

これと同時に、頭皮マッサージや食生活も改善すると効果が高まります。

よく、頭皮マッサージだけで薄毛を防げると言いますが、それだけでは厳しいです。

 

まずはてっぺんの血行促進をさせること。

そのためには、育毛剤で栄養補給をしてやることが大きな改善へとつながるわけです。

まとめ

頭のてっぺんの薄毛はしっかりケアしていけば改善しやすい場所。

そのためには、育毛剤で栄養補給と血行促進をしてあげることが大切です。

ちなみに、これはてっぺんの薄毛予防でもOKですので、実施してみてくださいね。

>>てっぺんの薄毛改善におすすめな育毛剤はここでチェックできます

すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>>薄毛は治せる時代になってます<<
>>本腰入れたAGA治療はクリニックでしましょう!<<


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>>髪がなくなってからじゃ手遅れに・・・<<
>>育毛ケアは髪がフサフサのうちからスタート!<<

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ