アレが原因?頭皮のフケが多いと悩む人が見直すべき5つのこと

ども!晴天也です!

どんなに綺麗に手入れされた髪や地肌でも、フケは発生します!
もちろんフケの量には個人差が有りますが。

 

私のまわりでは、昔からフケの量が多くて悩んでいる友人が何人かいます。
高校の時は、肩の上にフケがのっていることもしばしば・・・

 

世の中のフケに対する印象は、「汚い」イメージが強いと思います↓
そのせいもあり、フケの量が多い人ほど悩みは深く、少しでもフケの発生を抑えたいところですよね。

 

今回は、フケで悩む方が発生を抑えるために見直すべき5つのポイントをまとめていきます。

スポンサーリンク

フケの種類で発生の原因が違う!

まず押さえたいのがフケの種類について!
フケは主に、

 

乾燥フケ
脂性フケ

 

の2種類に分けられ、それぞれで発生の原因が違ってきます!

 

乾燥フケは、文字通り頭皮が乾燥することによって、角質が剥がれやすくなり、それがフケとなって発生するもの。
特に秋冬の季節は乾燥フケが起こりやすくなります!

 

頭皮は乾燥しやすい!フケやかゆみを防ぐ4つの方法

 

「乾燥フケが増える = 頭皮が乾燥している」ということ。
頭皮は必要最低限の皮脂は必要なのですが、それすらも足りていないことが考えられます。
これが長く続くようだと、雑菌の影響を受けたり髪へ栄養が行き渡りにくくなり、抜け毛の増加にもつながる恐れが・・・!

 

一方、脂性フケは頭皮の皮脂が過剰に分泌されることで起こるもの。
男性ホルモンの作用が強い男性によく見られます。
べたっとしたフケで、頭をかくと爪の間についたり、皮脂が固まって髪から落ちてきます。

 

脂性フケが長く続くようだと、皮脂で毛穴がつまり抜け毛が増えたり、頭皮環境が悪化して頭皮湿疹の発生原因にもなりかねません。

 

これらのフケを予防するために、日頃から取り組めることはないのでしょうか?

 

フケが多いと嘆く前に見直すべき5つのこと!

フケの量に悩む方!まずは生活習慣について見直しましょう!

 

生活習慣の乱れは体のすべてに影響してきます。もちろん髪や頭皮へも・・・

 

特に、以下の5つに関してまずは意識していくことをおすすめします。

食生活

これは、特に脂性フケの方に影響してくる内容です。

  • 脂っこいものに食事が偏っていないか
  • 外食ばかりじゃないか
  • タンパク質、亜鉛類はしっかり取れているか

など、食生活を振り返ってみるのも重要です。

脂っこい食べ物に偏ると、皮脂の量が増えるため、脂性フケが発生しやすくなります。

シャンプー

シャンプーの仕方や回数に注意が必要です!

  • 爪は立ててないか
  • 1日に何回もシャンプーしてないか

などが重要です。

頭皮が傷ついたりシャンプーをしすぎると、必要な皮脂が失われ、乾燥フケが増えます。
ここはしっかり押さえるようにしましょう!

ストレス

日頃のストレスをうまく発散できていますか?
ストレスの影響は、頭皮に乾燥や栄養不足をもたらします。

 

ストレスの上手な発散は、髪や頭皮はもちろん、精神的にも肉体的にも非常に重要なことですよね。
自分なりの発散方法を見つけましょう♪

睡眠

睡眠は体のリズムを整えるために非常に重要な役割を果たしています。
また、細胞を作ったり成長させたりするのも睡眠が不可欠。

質の良い睡眠をしっかり取ることで、頭皮環境を正常に保つことができます。
しっかりした睡眠時間の確保、リラックスして睡眠できる環境を整えましょう!

スポンサーリンク

カラーリング・パーマ

美容室などで「ツン」っと鼻をつく臭いを経験した方は多いはず。
カラーリング剤やパーマ液は様々な成分が含まれた液体です。

頭皮や髪にも良い影響のものではないのはお分かりだと思います。
頭皮につくと、かゆみや痛み、湿疹などが起きる方もいます!
そこからフケの量が増えることも考えられますので注意しましょう!

 

まとめ

髪や頭皮の中々悩みは深刻ですよね。
中々人にも相談しにくいのが辛いところなんですよねー・・・
よほどフケが酷い場合は、皮膚科などで診てもらうのもありです!
脂漏性皮膚炎が原因だったりする場合もありますからね。
フケを抑えて清潔感をアップするためにも、日常生活から見直していきましょう!

 

夏だけじゃない!一年中意識したい4つの紫外線予防策とは?

スポンサーリンク

すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>>薄毛は治せる時代になってます<<
>>本腰入れたAGA治療はクリニックでしましょう!<<


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>>髪がなくなってからじゃ手遅れに・・・<<
>>育毛ケアは髪がフサフサのうちからスタート!<<

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ