頭皮湿疹が生え際に出やすい理由をまとめてみた

みなさんは、「髪の生え際がかゆい」「かきすぎて赤く腫れた」という経験はありませんか?

私は季節の変わり目などに良くなります。

特に夏の初めあたりは最悪で、前髪の生え際から額までかゆくなることがあります!

そんな時は、「頭皮湿疹」で炎症を起こしていることが考えられます。

そして、頭皮湿疹は生え際に出来やすいとも言われています。

今回は、頭皮湿疹の原因、理由、対策をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

頭皮湿疹の4大原因とは?

一言で「頭皮湿疹」といっても、その原因は様々です。

まずは簡単に、頭皮湿疹の原因と考えられるものをみていきましょう!

脂漏性皮膚炎

「マラセチア菌」というカビによって起こります。

頭皮ニキビ、フケ、炎症、かゆみ、かさぶたなどが主な症状です。 

マラセチア菌は常在菌で誰の頭皮にもいるのですが、皮脂が過剰に分泌されると繁殖してしまいます。

頭皮のほか、鼻の回りや額、耳にも発症しやすい炎症です。

皮脂欠乏性皮膚炎

シャンプーのしすぎで頭皮が乾燥すると、皮膚が過敏になり、湿疹や皮膚炎を起こしやすくなります。

特に冬は空気が乾燥しているため、肌は水分不足になっています。

その状態でシャンプーをすると、頭皮を守るための皮脂が更に失われてしまうため、頭皮湿疹を起こしやすくなります。

アトピー性皮膚炎・接触性皮膚炎

アレルギー反応が原因で起こるアトピーは頭皮にも発症します。

薬が塗りにくく、シャンプーなどで刺激を受けやすいため、アトピーの中でも最も治りにくい部位とされています。

ストレス

仮面うつ病の症状の一つが頭皮湿疹とされています。

また、特に女性の場合ストレスによって女性ホルモンが減少し、頭皮湿疹を起こすことがあります。

・ストレスによる抜け毛を防ぐ方法は?

生え際に現れやすい理由はコレ

4つの原因のうち、「脂漏性皮膚炎」の場合、髪の生え際に湿疹が起きやすいと言われています。

 

その理由は、

・額や髪の生え際などは、特に皮脂分泌が盛んなため。

・手の汚れが原因になる。

といえます。

髪の毛を耳にかけるようなヘアスタイルをしている人や、短髪で前髪を立てている方なんかも、顔の回りに手が触れる回数が増えますから、手の汚れが原因になることも十分あり得ますね。

 

また、「接触性皮膚炎」の場合、シャンプー、リンス、整髪料などが原因です。

洗い流す時に下を向いてシャワーをかけると、後頭部や頭頂部の洗髪剤が垂れて来て、顔の回りに残りやすくなります。

さらに、シャンプーやリンスなどの化学薬品成分や整髪料の油分が毛穴に入り込むことで湿疹になる場合もあります。

3つの対策がおすすめです

生え際に頭皮湿疹が出来ないようにするために行う、おすすめの対策は

・こまめに洗顔する

・動物性食品を控える

・ストレスを緩和する

の3つの対策に心掛けてみてください。

 

まず有効なのが「こまめな洗顔」。

朝夜に加えてお昼も洗顔できるのがいいですが、現実は中々難しいですよね↓

なので、一度の洗顔を丁寧に、じっくり行うようにしましょう。

具体的には、洗顔料を丁寧に泡立てこすらないように優しく洗い、髪の生え際は特に時間をかけて洗顔料が残らないよう注意することがポイントです!

最後は、シャワーで顔の回りを念入りに流すようにしましょう。

食事は大豆食品がおすすめです!

続いては食事について。

過剰な皮脂は食べたものが原因です。

 

食生活が欧米スタイルの人は、できるだけ和食に切り替え、野菜を多く摂るようにしてみましょう。

特に「畑の肉」といわれる大豆には、イソフラボンが多く含まれます。

これは、抜け毛や薄毛の予防に一定の効果があると言われていますので、すすんで摂取するのがおすすめです。

大豆は、髪に十分な栄養も与えてくれるため、薄毛予防になるとも言われています。

髪に悩みがある方も注目の栄養といえます!

・イソフラボンの薄毛予防効果はいかに?

ストレスの発散で体調を整える!

最後はストレスの緩和について。

ストレスの緩和には、何よりもリラックスすることが大切です。

ゆっくり入浴したりクラシック音楽を聞いたり、森林浴をしたり・・・自分なりに緩和できる方法を考えて非日常的な時間を作り出してみるといいと思います♪

頭皮湿疹は、ほっておくと抜け毛の増加にもつながりますので、しっかりとした対応が必要ですね!

生え際は何かとトラブルが起こりやすい場所!

「最近、生え際が後退してきた」

いい年の男性にとっては結構深刻な問題です↓

 

このように、耳の上の辺りや首周りなどの「生え際」は、かゆみがで何かしらのトラブルが起こりやすい箇所でもあります。

特に影響を受けやすいのは、前頭部の生え際。

俗に言う「M字」と言われる場所です。

 

この場所は、

・皮膚が薄いため、頭皮が固くなりやすい

・細い血管が多いため、血行不良になりやすい

・男性ホルモンによる影響を受けやすい

ということが起こりやすいのです。

 

皮脂も多く分泌されるため、かゆみを発生しやすいのはもとより、抜け毛・薄毛といったAGAによる影響もモロに受けやすいんです。

「生え際がかゆいな」と思ってつい放置してしまうと、気付かぬうちに抜け毛が進行してて・・・なんてこともありえます。

そうならないためにも、生え際の湿疹予防や薄毛対策などをしていきたいところですね。

・M字ハゲのチェックと改善策はここをチェック

スポンサーリンク

まとめ

頭皮湿疹が頭皮や生え際に出来ると、本当にかゆくてしょうがないですよね。

頭皮湿疹は、高温多湿になりやすい特徴もあり、夏場は要注意といえます。

上の対策にも書きましたが、こまめに汗を拭くなど、清潔に心掛けることが大切です。

皮膚科を受診し、適切な治療を受けることももちろん大切ですが、日常生活の見直しで予防できることもたくさんありますので、しっかりと対策していくようにしましょう!

>>剛毛クセ毛の改善にも期待!低刺激なシャンプーはここからチェックできます

スポンサーリンク

すでに薄毛が進んでいる方はAGAクリニックで対策を!

hagenaoru""

>>薄毛は治せる時代になってます<<
>>本腰入れたAGA治療はクリニックでしましょう!<<


髪があるうちからはじめましょう

ikumouzai""

>>髪がなくなってからじゃ手遅れに・・・<<
>>育毛ケアは髪がフサフサのうちからスタート!<<

コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ