【気になる人は要チェック】男性が薄毛を意識する瞬間と対策まとめ

「最近、ちょっと髪が薄くなってきたかな・・・」

「早くしなくては!!」

と、世の中の男性は薄毛に対してとても敏感な人が多いです。

もしかして自分も・・・なんて気になりだしたときにはすでに薄くなっていることもしばしば。

今回は、男性が薄毛を気にする瞬間や周りからのシグナル、薄毛対策に至るまでの内容をまとめます。

スポンサーリンク

「髪が薄くなった」と感じる瞬間はこんな時!

ふとしたきっかけで「もしかして薄毛なんじゃ・・・」と感じてしまう瞬間。

そのタイミングは、

・髪が濡れた時
・朝のスタイリングの時
・他人からの指摘
・枕の抜け毛をみて
・シャンプーの時の抜け毛をみて
・髪のボリュームが減った   ・・・etc

などの時に多いようですね。

特に髪のボリュームについては深刻で、ボリュームが減ってくると朝のスタイリングもしにくくなりますし、薄くなったと気づきやすいところでもあります。

また、知人などから指摘されたり、会話するときの目線が常に頭にいっている・・・なんて時も薄くなったと実感する機会ですね。

口に出さないにしても、目線が自然と上にいって・・・なんてとこから察してしまうものですから。

・髪の太さとコシをケアして薄毛対策を!

男性が薄毛を気にする理由

男性が薄毛を気にしてしまう理由、それは・・・

髪が薄い(はげている)=ネガティブ、コンプレックス要因の1つ

と考えられているのが大きいと言えると思います。

髪が薄いことで生まれるネガティブな要因は、

・老けて見える
・ダサくみえる
・もてなさそう
・元気がなさそうに見える
・弱々しい
・薄毛をネタに陰口を言われそう ・・・etc

などが挙げられます。

これ、全部見た目に関することですよね。

今では男性も美容院に行ったりなど、髪にお金をかける時代。

「髪型」も今やその人の「個性」として捉えられていますし、ファッションでも
重要なポイントになります。

そして、髪型がきまっていると「おしゃれ」「かっこいい」「女性にもてる」
なるわけです。

世の中には「男性の薄毛は気にならない」という女性もいますが、やはり髪がフサフサというのは見た目的にもいいです。

また、薄毛をネタに裏で陰口を言われたり、何かのときにいじられたりすると心配に感じている人も多くいますね。

男性が薄毛を気にしてしまうのは、見た目のコンプレックスや周りの自分への接し方などを気にして・・・という理由が大半であるといえます。

日本人は薄毛を気にしすぎ?!

「外人は薄毛なんか気にしない」

「むしろ薄毛の方がセクシーだと思っている」

なんて噂聞いたことありませんか?

確かに、外国人の方は薄くてもかっこいい人が多い印象があります。

とある週刊誌で、日本人男性1万人に「薄毛を気にしますか?」と聞いたところ、実に3割以上の方が「気にする」と答えたそうです。

やはり髪で悩んでいる人は多いんですね。

日本では、「ハゲ」という言葉が笑いのネタになったり、悪口になったり、あまりよろしくないシーンで使われることが多いです。

「自分が気にしているほど実は薄くない」なんてこともありますからね。

このあたりは、自分の頭のてっぺんや生え際の写真を撮るなどして、AGAクリニックのホームページなどに載っている症例写真なんかを見比べてみるといいですね。

 

薄毛の対策はレベルと目的によって違うことを理解しよう

「何でもいいから育毛剤で対策しなきゃ!」

髪が薄くなったと感じるとありがちなのが、あせって育毛剤を買ってしまうこと。

もちろん、育毛剤で髪を育てるのには効果的ですが、薄毛レベルによっては育毛剤のみでは力不足なこともあります。

具体的には、

レベル状態目標対策
軽度・髪のボリュームが減ってきた
・少し抜け毛が増えた
・抜け毛を減らす
・髪のボリュームを改善する
・育毛剤の使用
・食生活の改善等
中度・てっぺんや生え際が薄くなったのが目立ってきた
・周りから薄毛を指摘されるようになった
・抜け毛を減らす
・髪のボリュームを改善する
・できれば発毛させたい
・育毛剤の使用
・発毛剤の使用
・食生活の改善等
重度・てっぺん、生え際ともにかなり薄毛がすすんでいる
・周りから見ても一目で薄毛が分かる
・抜け毛を減らす
・発毛させたい
・発毛剤の使用
・AGAクリニックなどに通院して発毛を目指す等

このように、状態ごとで有効な対策が変わってきます。

特に違うのは、「抜け毛を減らす」のか「発毛させたい」のかです。

薄毛がかなり進んでいて発毛を目指したいのであれば、AGA治療専門のクリニックに通院するなどして治療をする必要があります。

このように、薄毛レベルと目的によって対策が違ってくることを覚えておきましょう。

・あなたの薄毛進行度をチェックしてみましょう

早めの薄毛対策が功を奏する!

「まだ髪の毛はあるから大丈夫!」

・・・と思っている方、要注意です。

薄毛で怖いのは、気づいたら薄くなっていたということ。

しかも自分一人ではなかなか気づきにくいですからね。

かなり薄毛が進んでからの対策は、効果も出にくいですし、お金も時間もかかってしまいます。

そうならないためにできることは、早いうちからのケアです。

20代でまだ髪が元気なうちから、栄養を気にしたり育毛剤を使ったりなどの予防がカギです。

少しずつ対策することで、将来大きな効果をもたらすこともあります。

小さなことからコツコツと・・・が大切なんです。

 

スポンサーリンク

まとめ

多くの男性は、

・かっこよくなりたい
・おしゃれしたい
・もてたい

と考えていると思います。

そのためにも、やはり髪の毛は重要なポイントになります。

しっかりとスタイリングされた髪は、清潔感もあって好印象ですよね。

もちろん、人間見た目だけではありませんが、実際は見た目がその人の印象を大きく左右します。

何かのタイミングで「もしかして・・・」と薄毛を意識しだした時が何かしら対策をすべきタイミングかもしれません。この記事も参考に、対策を考えていってみてください。

・失敗しないAGAクリニックの選び方をまとめてみた

スポンサーリンク

コメント