つむじの若ハゲチェックと予防・改善のポイントを画像付きで解説

「最近、頭のてっぺんのボリュームが出にくくなってきた」

「つむじが目立ってきたって言われたんだけど」

つむじ周辺や頭のてっぺんから薄くなり、そのままハゲてしまうケースはめっちゃ多いです。

いわゆる「つむじハゲ」ってやつですね。

そうなる前になんとかしたい・・・ということで、つむじハゲかどうかチェックするポイントや対策をまとめます。

つむじハゲかどうかはここをチェック!

つむじハゲのチェックポイント

・つむじ~周辺の地肌の見え方

・つむじ周辺の髪の密度・太さ

つむじハゲかどうかは、この2パターンでおおむねチェックすることができます。

言葉ではなかなか伝わりにくいので、以下に、セーフ・アウトの画像を両パターン載せてみます。

 

<セーフなパターン>

このレベルであれば、まだまだセーフライン。

つむじ周辺の地肌もあまり気にならないですし、髪の太さも問題ありません。

 

<アウトなパターン>

ここまでくると、だいぶ薄くなってきている状態です。

つむじからその周辺の地肌が見えてしまい、髪のボリュームも減っているのがわかります。

 

つむじハゲをチェックするポイントは、「つむじ周辺の薄さ・髪の状態」を確認することです。

つむじから広がるように地肌が見えてきている場合、つむじハゲが進んでいる危険性があります。

地肌が見えるから「即つむじハゲ」ではない

つむじハゲをチェックする時に注意が必要なのが、つむじハゲを過剰に気にすること。

要するに、「そのレベルなら全然普通だよ」というレベルでも、「つむじがハゲてる↓」といってヘコむ人が多いんです。

なかには、しっかり髪は生えてても、元々つむじが目立つタイプの人もいます。

そういう人は「つむじがハゲてる」わけじゃないですからね(ちなみに、画像のつむじは全く問題ない状態です)。

つむじハゲのチェックの基本は、上で記載したとおり、「周辺の髪の状態がどうか」ということです。

他人からつむじを指摘された場合でも、まずは落ち着いて冷静に自分のつむじをチェックしてみましょう。

・つむじがかゆいと薄毛がすすむって本当?

つむじは若ハゲが始まりやすい場所って知ってた?

「つむじハゲの心配はなさそうだから余裕!」

と思っている方、特に注意してください。

 

というのも、男性でAGAになる多くの人は、つむじから薄くなっていくケースがとても多いんです。

つむじは、AGAの原因であるDHT(髪を脱毛させてしまう男性ホルモン)の影響を受けやすいため、AGAになりやすいといわれています。

それにプラスして、紫外線の影響から頭皮がダメージを受け、DHT以外の影響でも薄毛が進んでしまう可能性もあります。

今はつむじハゲの心配はなくても、ゆくゆくは薄毛に・・・ということもありえるため、誰でもつむじハゲになる可能性はあることを覚えておきましょう。

つむじハゲの予防・改善は生え際よりもしやすい説

「チェックしてみたら、少しつむじハゲが進んでいるっぽい」

「まだ大丈夫だけど、将来薄くなるのが心配」

どちらのパターンも、そのまま放置してつむじハゲが進んでしまうのは避けたいですよね。

 

そんな方に朗報なのが、

「つむじは薄毛の予防・改善が比較的しやすい場所」と言われていること。

 

生え際に比べて頭皮の皮も厚く、適度なマッサージで血行を促進しやすいです。

その結果、育毛剤の成分を髪に届けやすく、DHTの発生も抑えやすいんです。

つむじハゲの予防・改善は早期の対策が成功のカギを握ります。

・若ハゲ対策にはネット販売の育毛剤がおすすめな理由

つむじハゲ対策は血行促進・DHT抑制効果のある育毛剤がおすすめ

 

つむじハゲ対策のスタートは、セルフチェックすることから始まります。

その上で、将来の薄毛予防やつむじ部分の改善を目指したいのであれば、育毛剤の使用から使用するのがおすすめです。

つむじ部分の髪の成長と、DHTの抑制をすることができます。

早めの対策で、つむじを若ハゲの危機から救っていきましょう。

 

>>つむじハゲの予防・改善におすすめな育毛剤はここからチェックできます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ