【AGA対策】10代なのに薄毛になる原因はコレ!

最近、重大でも抜け毛や薄毛にな悩む人が増えています。

「まだ10代なのにもう薄毛?」と思われるかもしれませんが、最近まじで多いんですよ。

そして、僕も高校時代から薄毛には悩まされてきました。

今回は、10代で悩む薄毛の原因と対策についてまとめます。

10代で薄毛になってしまう4つの理由

10代で薄毛になる原因

・生活リズムの乱れ

・食生活の変化

・ストレス

・整髪料の影響

10代で薄毛になってしまうのは、これらの理由が多いですね。

夜遅くまで習い事をしたり、ゲームに夢中になったり、出歩いたりする10代も多いので、睡眠時間が減少します。

さらに、食事についても揚げ物・肉などの油もの、さらにはお菓子などの間食も増えがちなので、栄養バランスが崩れます。

これだけでも結構髪にはダメージなのですが、それに畳みかけるようにワックスなどの整髪料を使ったり、パーマをかけたり・・・さらに髪はボロボロになってしまいます。

このように、10代の薄毛は「外からの力」が働いて薄毛になってしまうことが多いんです。

ただ、あなどれないのが「ストレス」が原因の薄毛。

特に最近はSNSなど、ネットを利用したコミュニケーションが主流になってきてます。

学校や塾などでの付き合い、ネット上での付き合い・・・このあたりの人間関係で、多くのストレスを抱えやすくなっています。

ストレスは、ホルモンバランスを崩して薄毛を促進したり、場合によっては円形脱毛症を起こすこともあります。

10代だから薄毛にならない・・・ということは全くないんです。

誰でもなるリスクがある可能性があります。

・ストレスで抜け毛が増える原因について考えてみた

10代の薄毛ケアで行いたいこと

①食生活の改善

スナック菓子、揚げ物など、油っぽいものをなるべく控える。

そして、ミネラル、ビタミン、植物性タンパク質などをとるように心がけるのがおすすめ。

・ミネラル系→牡蠣、レバー、ひじきなど

・ビタミン→果物、マグロ、カツオ、ほうれん草、モロヘイヤなど

・植物性タンパク質→納豆、豆腐など

②生活のリズムの安定

髪を成長させるには、しっかりした睡眠が必要です。

毎晩夜更かししたりするのは良くないのでNG。

髪はもとより、体の成長の為にも、最低6時間以上は睡眠時間を確保することがおすすめ。

③自分なりのストレス発散方法をみつける

これ、めっちゃ大事です。

例えば、好きなアイドルの動画をyoutubeで一日中見るとかでもありです。

自分なりにストレスを吐き出す方法を探してみましょう。

④未成年でも育毛剤を使う

10代で育毛剤?と思われるかもしれませんが、使えるものがあれば使ってOKです。

なるべくなら、刺激の少ない天然の成分を含んだ育毛剤がおすすめです。

>>10代でも使いやすいおすすめの育毛剤はこちらからチェックできます

 

10代で育毛剤を選ぶときに注意すること

10代で育毛剤を使うときに必ず注意しなければならないことがあります。

それは、ミノキシジル入りの育毛剤は使わないことです。

・・・正確には育毛剤ではなく、発毛剤になりますかね。

ミノキシジルは、海外製の商品に含まれていたり、日本でもリ○ップなどに含まれています。

ミノキシジルは医薬品であり、高い血行促進効果から発毛促進に効果絶大です。

ただ、ミノキシジルはわずかながら副作用(かゆみ、頭痛、吐き気など)が出る場合があり、体が発達しきっていない10代の方が使うと、大人よりもより強く副作用がでる可能性があります。

なので、10代の方はリ○ップを使いたくても使えないわけです。

ここはしっかりと覚えておきましょう。

AGAクリニックでの治療は10代だと受けれないところも多い

「薄毛が気になるから、どうしても病院で治療したい」と思われる方もいると思います。

ただ、10代だと治療ができないAGAクリニックも多くあるのが現実なんです。

 

この理由は、

・AGA治療は医療行為なので、未成年の治療に対して細かい取り決めがある

・AGA治療薬に副作用が出る可能性がある

と言われています。

 

特に高校生など、まだまだ体が成長途上にある時は、治療の影響が体に現れやすく、リスクが高まることが考えられます。

AGA治療は保険適用外での治療にもなりますので、様々なリスクを避けるための対策といえますね。

親権者の同意書があれば治療OKなクリニックもあります

未成年者はAGA治療できない・・・とはいえ、中には10代の未成年者でもAGA治療を行っているクリニックもあります。

ただ、これには親などの「親権者からの同意書」が必要です。

そして、同意書は治療の時だけでなく、無料カウンセリングを受ける時からいる書類になります。

また、未成年でのAGA治療は、同意書があったとしても行えないクリニックがあります。すべてのAGAクリニックで、同意書があれば治療OK・・・というわけではないので気を付けたいところです。

薄毛の悩みは親にもなかなか話しにくいですが、10代でクリニックでの薄毛治療を希望する場合、同意書は避けては通れない問題です。

ここも踏まえ、クリニックでの治療を希望するときには、両親にも相談しつつ考えていきましょう。

>>おすすめのAGAクリニックはここからチェックできます

まとめ

生活リズムの乱れや食生活の乱れは、髪にもダイレクトに影響を与えます。

若年層の軟毛化・・・なんて言う話も一昔前にされていたこともあるくらいです。

本人ももちろんですが、10代の若者の場合は保護者による気配りも大きな影響があると思います。

若くして抜け毛や薄毛に悩んでいる人がいたら、こういったところの見直しから始めてみるといいかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ