ハゲでもAGA治療できる?期待できる効果をまとめてみた

AGA治療に手遅れはあるのか?!

すでにだいぶ薄いけど・・・という人必見、どういった効果が期待できるかまとめてみました。

スポンサーリンク

ツルツルに近い人でも薄毛治療の効果はある?

「だいぶハゲてしまったけど、もう一度髪を生やしたい」

「髪の毛がほぼないんだけど、AGA治療の効果あるの?」

昔は髪の毛がフサフサでも、少しずつ薄毛がすすんでいって、それを放置してしまってハゲてしまった人もいますよね。

ハゲちゃったから、もうどうにもならない・・・と諦めている方もいると思います。

でも、AGAがかなり進んでしまった人でも薄毛治療で改善する可能性があります。

ポイントは、毛根がまだ活動をしているかどうかなんです。

AGAは、髪を少しずつ細く弱くしていき、人間の肉眼ではなかなか見えない「産毛」クラスにまで弱ってしまいます。

実は、この状態からAGA治療をして改善をした人もいるので、可能性はゼロではないんです。

毛根が死滅していない限り、可能性はあるということですね。

どのくらいまで髪を改善させられるか?

「AGA治療したから高校生の時みたいにフサフサに・・・!」

AGA治療をすると、ほぼ髪がない状態からフサフサになるまで髪が生えるような期待をしている方もいると思いますが、AGA治療の改善には目安があります。

それは、

AGA治療を始める年齢から「-5歳」の時の状態

とのこと。

治療開始の時から「-5歳」若返った状態まで、薄毛を回復させようというものですね。

AGAが進んでいればいるほど、フサフサになるまで改善する可能性は低くなってしまいます。

その理由は、先ほど上で書いた

毛根が髪を生やす働きを完全にストップしてしまった可能性が高い

から。

AGA治療は、AGA治療薬で血行を良くし毛根に栄養を届け、抜け毛の原因をブロックすることで、発毛を促進させる治療です。

これは、毛根がまだ髪を生やす働きをしていることが条件になります。

ハゲてしまってから時間がたつほど、髪を生やす働きを完全にストップしている毛根の数が多くなります。

この数が増えるほど、AGA治療の効果も思うように出にくくなってしまいます。

・失敗しないAGAクリニックの選び方まとめ

毛根が活動してるかどうかは前もって調べられないの?

毛根が髪を生やす活動をしているかどうかを見るには、マイクロスコープなどの小型カメラで毛穴をみる必要があります。

見た際に、産毛が少しでも生えていれば、なんとか毛根は生きている証拠です。

鏡などで自分で見ても場所によっては分かるでしょうが、非常に細かいため、やはり専門の医師に診てもらうのが一番でしょう。

細かい産毛も、しっかりとAGA治療をすることで、しっかりした毛に変わることも十分にありえます。

・あなたの薄毛進行度をチェックしてみて!

かなり薄毛が進んでいる人におすすめなAGA治療2選

「ハゲてしまったらもうなんともできないの?」

「どうしてももう一回髪を生やしたいけど、なんか対策はない?」

こういう気持ちが強い人もいると思います。

AGA治療は薬を使ったものが基本ですが、さらにその上の治療を行っているクリニックも最近増えてきています。

そんな方におすすめな治療は、

・自毛植毛
・再生細胞を頭皮に注入する治療

です。

自毛植毛は、自分の髪を利用して髪が生えていない場所に移植する方法です。

自毛植毛は、後頭部から移植することが多いです。人間の頭は、後頭部は薄毛になりにくく毛の密度も高い場所で、薄毛にもなりにくいためです。

ここから、一定の範囲に生えている髪の毛根の一部を医療器械を使って採取し、髪を生やしたい場所に植えます。 植えた場所にしっかりと髪が根付けば植毛成功となります。

再生細胞による治療は、自分の脂肪から「幹細胞」を抽出し、それを頭皮に注射するものです(聖心美容クリニックなどで行っています)。

費用や時間はかなりかかりますが、この方法で再び髪を取り戻すこともできるようになります。

自毛植毛は、AGA治療専門のクリニックで扱っていることがありますので、覚えておきましょう。

・AGAの注射ってどうなの?治療効果をまとめてみた

スポンサーリンク

まとめ

ハゲてしまってから時間がたった後でも、AGA治療をすることは可能です。

効果については、毛根の状態にもよるため、個人差があります。

治療については、毛根の状態の確認もあるため、一度専門の医師に相談すべきといえます。

AGA治療は、専門のクリニックで行うようにしましょう。

スポンサーリンク

コメント