【6か月経過】AGA治療開始から6か月までの改善状況を比較してみました

AGA治療開始から6か月が過ぎました。

3か月目では結構いい感じで良くなってきてたので、6か月目はどうなるのか楽しみでした。

画像とともに6か月の状況を載せていきます。

スポンサーリンク

AGA治療開始前、3か月、6か月の画像を比較

下から順番にAGA治療開始前、3か月、6か月の順番になります。

順調に改善されているのが分かると思います。

AGA治療6か月目で感じた3つの変化

AGA治療開始から6ヵ月。

ここまで続けてきて、さらにいろんな変化を感じるようになりました。

それは、

①髪のボリュームがさらに変化した
②M字部分が濃くなった
③分け目が気にならなくなってきた

の3つです。

①髪のボリュームがさらに変化した

3か月目にもボリュームの改善については感じていましたが、今回は前にも増して感じています。

髪がさらに太く成長して、しっかり根を張っている・・・そんな実感です。

もちろん、スタイリングもしやすくなりましたし、髪型が崩れない時間が長くなりました。

②M字部分が濃くなった

3か月のころと比べ、M字部分の毛がさらに成長しました。

特に、M字部分の地肌の透け感が全然違うんです。

もともとおデコが広いのであれですが、薄くなっていた部分は戻りつつありますね。

・M字ハゲのチェックと改善方法まとめ

③分け目が気にならなくなってきた

AGA治療前はてっぺん付近の分け目が気になっていましたが、少しずつ気にならなくなってきています。

つむじも少しずつ目立ちにくくなってきましたね。

スポンサーリンク

AGA治療薬は3か月目と同じもので様子見中です

3か月目でAGA治療薬の見直しを行いましたが、6か月目も引き続き「様子見」です。

治療薬は、

・外用薬(ミノキシジル):ミノキシジル濃度2%
・ミノタブ→3番目のランク(MC)
・フィンペシア→3番目のランク(FC)
・亜鉛サプリ→変化なし

です。

外用薬とミノキシジルのタブレットは、もう一段階引き上げができるそう。ただ、今の薬でちゃんと効果が出ているので、もうしばらく様子をみて決めることになりました。

まとめ

AGA治療開始から6か月、思ったよりも効果が出ているというのが正直な感想です。

AGA治療前は手探り状態でしたし、年齢も30代半ばなのでなかなか効果も出にくいかも・・・と感じていました。

まだ6か月ですが、しっかり治療すれば30代でもAGAは改善できる可能性が高いということを実感しています。

もう年だから・・・と薄毛の状態で諦めている方、行動することでちゃんと改善できる可能性もありますし、ぜひAGAクリニックでの治療を検討してみてくださいね。

私はとりあえず、あと半年はしっかり治療を続けていき改善の状況を見ていきたいと思っています。

・AGA治療開始から3か月目の状況はこちら

スポンサーリンク

コメント