目的は発毛じゃない!AGA治療薬「フィナステリド」の効果まとめ

「AGA治療薬」といえば出てくるのがプロペシア。

プロペシアのジェネリック薬がフィンペシアになります。

この薬、AGA治療には絶対必要な薬です。

今回は、フィナステリドの効果や目的についてまとめます。

スポンサーリンク

フィナステリドのみでは髪が生えない?!

「フィナステリドだけでも髪は生えるの?」

「薬の種類は少ない方が分かりやすいしね」

AGA治療で使う薬といえばフィナステリドというくらいメジャーな薬です。

AGAクリニックはもちろんのこと、AGA治療をしている皮膚科でも取り扱っています。

そのため、フィナステリドを処方してもらえば、「髪が生えてくる」と思っている方も多いんです。

しかし、フィナステリドのみでは積極的に発毛を促進することはできません。

それは、フィナステリドが「発毛目的」ではなく、「抜け毛を減らす」ことに効果がある薬だからなんです。

フィナステリドは「男性ホルモンの影響」をブロックし抜け毛を減らすのが役割!

AGAは、「男性ホルモン」と「5αリダクターゼ」という酵素がくっつくことによって、強力な脱毛作用のある成分(DHT)が生まれることで起こります。

AGAのなりやすさは個人差があります。
一般的には、ヒゲなどが濃く男性ホルモンが多そうな方ほどAGAになりやすいと考えられることが多いですね。

フィナステリドは、「男性ホルモン」と「5αリダクターゼ」がくっつくことを防ぎます。

これによってAGAの影響が抑えられるため、抜け毛を防ぐことができるわけです。

・AGAと男性ホルモンの関係とは?

スポンサーリンク

フィナステリドは髪を「守る」ための薬です

積極的に髪を生やす目的の薬を「攻」とするなら、フィナステリドは「守」の薬といえます。

なので、「フィナステリドのみで髪がフサフサになる」ことはありません。

AGAの影響を抑え、今ある髪の毛をしっかり守ることも非常に大切です。

「髪が生えないから効果がないのかな?」と感じて、治療をやめないように注意しましょう。

・プロペシアとサガーロの違いをまとめてみた

コメント