毎日の生活で意識したい!くせ毛を抑える5つの方法

「生まれつきくせ毛がひどくてどうにもならない・・・」

「何とかスタイリングしやすくならないかな」

くせ毛がひどい人ほど、その対策に時間もかかりますよね。

今回は、毎日の生活の中でくせ毛を抑えるためにできる対策や意識したいことをまとめていきます。

スポンサーリンク

くせ毛を抑えるのに意識したい5つのこと

くせ毛を少しでも抑えるために意識したいことは、

①寝る前のドライヤーの仕方を意識する
②ヘアスプレーを使う
③ヘアアイロンを使う
④弱賛成アミノ酸シャンプーでケアする
⑤縮毛矯正

の5つがポイントです。

①:寝る前のドライヤーの仕方を意識する

くせ毛を落ち着かせたいのであれば、これはマストです。

そして、ドライヤーの仕方にもコツがあります。

・タオルドライで優しく水分を拭きとる
・髪の根元から毛先へ向けて風を送るように乾かす
・手で髪を下の方に引っ張るように乾かす

こうやって乾かすことで、広がりやすいくせ毛の人は、ボリュームを抑える効果が高まります。

そして、おすすめなのはマイナスイオンドライヤーを使うこと。

マイナスイオンには、静電気を抑えたり髪にいい働きをすると言われています。

これによって、くせも比較的落ち着きやすいと考えられます。

・枝毛対策におすすめなドライヤーの使い方

②:ヘアスプレーを使う

湿気が多い時などに効果的なのが、ヘアスプレーを使うこと。

これは、スプレーで髪をコーティングして水分の吸収を抑えることでくせ毛の影響を減らします。

ヘアワックスを付けた後などに、髪全体にスプレーしてスタイリングをキープすればOK!

これ、多少の湿気ならうまくクセを抑えられるので、おすすめです。

③:保湿を意識する

くせ毛は独特なうねりがあるため、乾燥しやすい部分とそうでない部分ができます。

そこに水分量のバラつきができるため、湿気がたくさんの日はクセがひどくなります。

これを少しでも抑えるため、日ごろから「髪の保湿」を意識するといいです。

コンディショナー・トリートメントを使ったり、ヘアミストなんかでケアするのもいいですね。

④:弱酸性アミノ酸シャンプーでケアする

弱酸性アミノ酸シャンプーは、頭皮に低刺激で高い保湿力があります。

トリートメントと併用することでより効果を高めることも期待できます。

⑤:縮毛矯正

これは、どうしてもくせ毛がおさまらない場合の最終手段ですね。

縮毛矯正はさすがに効果が高いです。

・・・が、どれなりのデメリットもありますので、その辺をしっかり理解して行いたいですね。

・縮毛矯正が与える地肌への影響まとめ

くせ毛を治すのではなく抑えるを意識しましょう

上にまとめた対策は、くせ毛を治すのではなく、くせ毛を抑えるための対策です。

特にうまれつきくせ毛がきつい場合などは、そこからサラサラストレートに変わることはほぼ無いわけです。

治すことに意識を向けるのではなく、くせ毛をうまく抑えることでおしゃれを楽しんだり、自分の理想に近づけることを考えていきたいですね。

髪質がいきなり変わることもある

「直毛だったはずなの、いつの間にかくせ毛になった」

私も経験があるのですが、急に髪質が変わる人も多くいます。

・ホルモンバランス
・ストレス
・髪のダメージ

などの影響で起こるケースが多く、私は思春期の真っただ中になりました。

しばらくしたら落ちつきましたが、そのままくせ毛が残ってしまう人もいます。

こういったことも意識して、髪質のケアをしていきましょう。

くせ毛を生かしたスタイリングでおしゃれに決めるのもあり!

「あまりにもくせ毛が強くてどうにも手におえない!!」

なんて方は、開き直ってくせ毛をうまく利用した髪型でおしゃれに決めるのもありです。

例えば、ヘアワックスなどをうまく使ってパーマ感を出すのも簡単なわけですよね。

これ、直毛の方には本当にうらやましいことだったりします。

パーマをかけなければどうあがいてもできない髪型ですからね。

髪質ごとでそれぞれの悩みがあり、ない物ねだりしてしまうもの。

うまくくせ毛がおさまらない場合は、逆にそれを生かすことも考えてみるといいですね。

スポンサーリンク

まとめ

手におえないくせ毛でも、毎日ケアしていくことで多少なりにも落ち着いてくることが多いです。

スタイリングなど、最初はやりにくいことも多いですが慣れてしまえばこっちのもの。

毎日のくせ毛対策にお困りの方はぜひ参考にしてください。

・湿気からくせ毛を守る3つの対策

スポンサーリンク

コメント