汗で抜け毛が増える3つの原因と対策まとめ

体のいらないものを外に出したり、体温を調整するために汗をかきます。

「汗をかく」のは、生きていく上ではとても大切なことです。

ただ、汗をかいたまま放置してしまうと、抜け毛の増加や髪が弱くなることにつながる可能性があるんです。

その原因と対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク

汗が抜け毛の増加原因になる3つのワケ

汗で抜け毛が増えてしまうのは、汗をかいた後に頭を洗わないなど、そのままの状態を放置した時です。

普通に汗をかくだけであれば、抜け毛の原因にはなりません。

そして、なぜ汗を放置すると抜け毛が増えるかというと、

①雑菌が繁殖しやすくなる
②汗が皮脂汚れになる
③頭皮の状態が悪くなる

の3つが原因です。

①雑菌が繁殖しやすい

頭には、頭皮にかゆみなどを起こす「悪い細菌」や頭皮の状態をよく保とうとする「良い細菌」がいます。

もちろん良い細菌が多いほうがいいのですが、汗をかいてそのままにすることで、雑菌(悪い細菌)が増えやすくなります。

そうなると、かゆみや乾燥など頭皮があれてしまい、抜け毛が増える原因になります。

②汗が皮脂汚れになる

頭皮は他の体の場所と比べても皮脂が多い場所ですが、適度な量の皮脂は頭皮の乾燥を防ぎ、良い状態に保つためにも必要なものです。

ただ、汗をかいてそのまま放置すると、それが皮脂と混ざって汚れになってしまいます。

これが髪の成長を邪魔したり、毛穴に汚れがつまることで抜け毛が増えてしまうことがあります。

③頭皮の状態が悪くなる

汗は、水分と一緒にホコリ、チリ、皮脂などを含んでいます。

汗が渇く前にしっかりふき取りすればいいのですが、乾いてしまうとそれが汚れとして残ります。

その汚れが頭皮のかゆみ、頭皮ニキビ、湿疹の原因になってしまいます。

当然頭皮の状態が悪くなり、抜け毛が増えてしまいます。

・頭皮ニキビの発生と悪化をまねく6つの理由

頭皮は体の中でも汗をかきやすい場所

「帽子をかぶると汗ですぐ濡れる」

「頭から滝のように汗が流れてくる」

誰もがこういう経験はありますよね。

そんな暑いと感じてないのに、頭は汗をかいてるなんてこともあります。

実は、頭はとても汗をかきやすく、体の中でも1・2位を争うくらい汗をかく場所なんです。

なので、汗をかいた後はしっかりケアをすることが大切です。

ここで手を抜くと、抜け毛が増えてしまうことになります。

汗をかいた後のケアが大切です!

「汗はすぐに乾くし、特に何もやらなくていい」と思っている人もいるのでは?

もちろんそんなことはなく、ちゃんとケアしてあげないと抜け毛が増える可能性が高いです(詳しくは上の内容を見てくださいね)。

そのために意識したいのは、

①こまめに汗をふく
②シャンプーは必ずする
③適度な頭皮クレンジング

の3つがおすすめです。

①こまめに汗をふく

これは基本です。

汗をかいたらこまめにふくようにしましょう。汗をかいて長い時間放置すると乾いて汚れになりますからね。

これだけでも、かなり汗の汚れを防ぐことができます。

②シャンプーは必ずする

特に汗をたくさんかいた日は必ずシャンプーしましょう。

シャンプーせずに寝てしまうと、頭皮があれる原因になります。

いつも清潔にしておくことが大切です。

③適度な頭皮クレンジング

シャンプーと併せて頭皮のクレンジングもおすすめです。

汚れをきれいにすることもできますし、保湿効果で頭皮をきれいに保つことができます。

また、におい対策にもなりますね。

週に1回くらいであれば手間もないですし意外と簡単にできますので、ぜひ試してみてください。

・定期的な頭皮クレンジングがおすすめな理由をまとめてみた

育毛剤でピンポイントケアもあり

汗が原因で抜け毛が増えるのを防ぐのは、上にまとめた対策だけでもだいぶ改善させられます。

そのうえで育毛剤を使うことで、

・弱っている髪を育てる
・頭皮の血行促進を図る

などの対策ができ、より抜け毛を減らすケアができます。

育毛剤は、まだ髪がフサフサの状態でこそ使うことに意味があります。

将来の薄毛予防のためにも、頭皮ケアと一緒に使うことがおすすめです。

・育毛剤がマックス効果を発揮するのはこんな状態の人

スポンサーリンク

まとめ

汗で抜け毛が増えるのは、汗が渇くことで汚れになったり、雑菌が増えることで頭皮の状態が悪くなるからです。

特にかゆみは、頭皮をかくことでダメージを受け、抜け毛につながることもあります。

こういったことを防ぐためにも、タオルでこまめにふいたりシャンプーをちゃんとするなどが基本です。

これだけで、誰でも簡単に汗による抜け毛のケアができますので意識していきましょう。

スポンサーリンク

コメント