【抜け毛やばい】円形脱毛症が疑われる4つの特徴と対策まとめ

過度なストレスなどが溜まるとなってしまうと考えられている「円形脱毛症」。

男女問わず発症するケースが多く、抜ける範囲のや症状は人によって違いがあります。

私の妻も過去に2度ほど円形脱毛症になっていますが、いまだに何が原因か分からない・・・と言っています。

といいつつも、円形脱毛症の前兆では?と思われる特徴はいくつか思い当たるようです。

今回は、具体的な特徴や対策についてまとめていきます。

スポンサーリンク

円形脱毛症が疑われる4つの特徴

円形脱毛症は自分ではなかなか気づきにくく、特に後頭部にできる場合は友人などに言われて初めて気づいた!ということも多いです。

そんな円形脱毛症は、

①一部分に集中して毛が抜ける
②脱毛部周辺の髪を引っ張ると、痛みもなく抜ける
③抜け毛の量が一気に増える
④抜け毛の根元がとがっている

の4つの特徴がみられることが多いです。

①一部に集中して毛が抜ける

「後頭部からめっちゃ髪が抜ける」など、特定の場所を引っ張った時にごそっと毛が抜ける場合は注意が必要です。

②脱毛部周辺の髪を引っ張ると、痛みもなく抜ける

私の妻が円形脱毛症になった時もそうでしたが、脱毛している周辺の毛を引っ張ると、痛みもなく「スッ」と抜けます。

③抜け毛の量が一気に増える

シャンプーの時など、びっくりするくらい抜け毛が増えます。

昨日まではそんなことなかったのに・・・と妻も驚いてました。

④抜け毛の根元がとがっている

円形脱毛症で髪が抜ける場合、毛根が「!」のような形をしていることが多いです(毛根がついていない)。

これを「感嘆符(かんたんふ)毛」といいます。こういう抜け毛がないかチェックしたいところです。

・抜け毛の毛根から分かる頭皮の状態をチェック!

こんな時は迷わず病院へいきましょう

「しばらく様子見て抜け毛が減ったら大丈夫じゃない?」

「そのうち抜け毛もおさまるはず」

と、最初のうちは病院に行くのをためらってしまいがちに・・・

確かに、小さめの円形脱毛であれば、半年ほどで自然に治ることも多いです。

ただし、

・抜け方があまりにもひどい
・抜ける範囲が広い(大きい)
・円形脱毛症がたくさんできている

などの症状が見られたら。迷わず病院(皮膚科)へいきましょう。

はっきりした原因の特定が難しい円形脱毛症ですが、病院へ行くことで効果的な治療を行うこともできます。

円形脱毛症になったときに行いたい3つの対処法

円形脱毛症になった時は、

①医師による注射(ステロイド系)
②塗り薬(ステロイド系)
③生活を見直す(栄養、ストレスフリー)

の3つを意識した対策をしましょう。

①、②は皮膚科に行くことで対処できます。脱毛範囲が広い・複数脱毛がある場合は、①と②の対策がいいですね。

③については、日々の生活にリラックスできる時間を取り入れたり食事を意識することで、ストレスフリーや自律神経の安定にもつながることから、症状が改善していくことが考えられます。

【時間がかかる】円形脱毛症はこうやって回復していきます

円形脱毛症は、一気に治るわけではなく徐々に時間をかけて治っていきます。

私の妻は小さめな円形脱毛だったので、3か月から半年くらいで、自然治癒で治りました。

回復していくときは、

・脱毛部分に産毛が生え始める
・少しずつ毛が濃くなってくる
・徐々に毛が太く成長してくる
・元通りに毛が育っていく

という順番になります。

円形脱毛症は、一度ツルツルになるまで毛が抜けた後に回復し始めます。

一気に回復するものではない・・・ということを覚えておきましょう。

円形脱毛症とAGAの併発もあり得る!

円形脱毛症は、男性の薄毛原因の大文を占める「AGA」と同時に発症することもあります。

円形脱毛症もAGAも発症にいろんな原因が考えられていますが、その1つとしてストレスの影響も考えられているので、併発する可能性は十分あるんです。

ただ、併発しているかどうかの見極めはかなりむずかしく、やはり医師に頼ることになります。

参考:円形脱毛症とAGAの見分け方のコツ

円形脱毛症とAGAの見分け方は、

・抜け毛の毛根
・抜け毛の量
・引っ張ったときの抜け方

をチェックすることがポイントです。

上でも書きましたが、円形脱毛症の場合は、抜け方や抜け毛の毛根にも特徴があります。

また、AGAの場合はヘアサイクルの乱れから、毛先に向かって細く弱々しい毛が抜けることも多いです。

こういったところから確認していきましょう。

・【AGA都市伝説】体毛が濃いとハゲやすいって本当なの?!

円形脱毛症が疑われるときはこんな症状も出やすい

円形脱毛症は、一部分に集中してごっそりと髪が抜けるのが主症状ですが、これ以外にも、

・体の冷え
・肩や首のコリ
・爪のへこみ
・爪の横スジ

などの症状が体に現れることがあります。

円形脱毛症の原因は、免疫の不全やストレスによる影響など、さまざまなことが考えられます。

こういった影響は、血行不良などになって体に出てきて、上のような症状をもたらすことがあるといういことを覚えておきたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

円形脱毛症は誰にでも発生する可能性があります。

私の妻がなったときは、幸いにも症状が軽く、自然治癒で様子をみることで回復しました。

円形脱毛症は、初期症状も分かりにくく、気づいた時にはだいぶ進行していることも多いです。

ちょっとおかしいな?

と感じたら、医師に診てもらうことをおすすめします。

しっかりと治療すれば回復する可能性が高いですので、早めに手を打ちたいですね。

・ストレスで起こる抜け毛の特徴と対策まとめ

スポンサーリンク

コメント