【AGAになることも】ストレスで起こる抜け毛の特徴と改善策

生活していく中で、過度なストレスにさらされる機会って意外と多いですよね。

その時によく聞くのがストレスでハゲそう」っていうこと。

ツイッターなんかでもこうやって書かれてるくらいなんで、世間でもそういうイメージがついているってことですね。

調べていくと、ストレスが薄毛の原因になってしまう可能性が高いことがわかります。

その原因と対策をまとめていきます。

スポンサーリンク

ストレスによる抜け毛の2つの特徴

ストレスによる抜け毛は、

①毛根の色
②毛根の形

で特徴がでると言われています。

自然に抜けた毛根の色と形は、白色で形もぷっくり膨らんでいます。

・・・が、ストレスで抜けた毛は、毛根が黒っぽくてやせていることが多いです。

そして、抜ける量も「ごっそり」と抜け出します。

普段シャンプーしているとき、いつもよりもごっそり抜け毛があって、毛根も上のような状態の時は、ストレスによる抜け毛であることが考えられます。

ストレスで薄毛になる3つの理由

「ストレスは感じるけど薄毛にそこまで影響ないでしょ!」

「ストレスでハゲるって、考え過ぎでしょ。」

なんて思っている人もいるかもしれませんが、ストレスは薄毛の原因に十分なります。

理由は、

①血行が悪くなる
②ホルモンバランスが崩れる
③その他、さまざまな影響が体に出る

の3つが考えられるからです。

①血行が悪くなる

ストレスを感じると神経が緊張し、一時的ですが血管を細くします。

これによって、髪の毛に十分な栄養が届かなくなります。

②ホルモンバランスが崩れる

ストレスでホルモンバランスが崩れると言われています。

これは、睡眠不足からくるものともいわれていますね。

ホルモンバランスが乱れると成長ホルモンが乱れ、それが原因でAGAを引き起こすこともあります。

・AGAってなんでホルモンが原因で起こるの?

③その他、さまざまな影響が体に出る

その他、ストレスはさまざまな影響を体に与え、その影響が髪に出てしまうことも・・!

例えば、円形脱毛症などが一つの例ですよね。

ストレスの影響は、実はまだ分かり切っていないいろいろな面があるんです。

・円形脱毛症が疑われる4つの症状とは?

ストレスの抜け毛をなくす3つの対策

ストレスの抜け毛を無くすには、

①ストレスの原因をつぶすのと同時にリラックスする
②育毛剤の利用
③AGAクリニックへ通う

の3つが効果的です。

①ストレスの根本を潰してリラックスする

これはめちゃくちゃ大事です。

ストレスの原因をつぶしてしっかりとリラックスすることで、②、③の対策もより効果を発揮します。

ここがベースになるところなのでしっかりと解決しましょう。

②育毛剤の使用

育毛剤を使って毛根につながっている血行を促進させます。

まだ抜け毛も少なく髪もしっかりあるという方は、育毛剤での対策で十分です。

・【毛を育てる対策を】毛先が細くて短い抜け毛が多いときはまじ注意!

③AGAクリニックへ通う

ストレスがAGAの原因になることはすでに書きましたね(詳しくは上のリンク先の記事を読んでみてください)。

ストレスの抜け毛が原因でAGAクリニックへ通うのがおすすめなのは、

●すでに髪が薄い人
●将来絶対ハゲたくない人

です。

髪がフサフサで将来の薄毛も別に気にしない・・・という方は、①、②の対策で十分です。

すでに薄毛の人が復活を目指すには、育毛剤だけでは絶対的に力不足。

専門のクリニックで処方されるAGA治療薬(医薬品)の処方や頭皮への注射などが一番効果的なんです。

AGAクリニックなんて・・・と思っている方、気づいたら薄毛になっているかもしれませんよ!

・薄毛はAGAクリニックで専門の治療をするのがおすすめなワケ

ストレスの抜け毛は「てっぺん」と「生え際」に起こりやすい

ホルモンバランスの乱れによる抜け毛は、頭のてっぺんと生え際(m字部分)からはじまりやすいと言われています。

・・・ということは、同時にAGAが進みやすいということでもあるんです。

「最近ちょっと生え際が気になる」なんて方、実はすでに進行している可能性もあります。

また、てっぺんの場合は誰かに言われて初めて薄さに気づくことも多いので、メンタルダメージも大↓

そうならないためにも、てっぺんと生え際(m字)はぜひチェックしましょう。

・あなたのAGA進行度はここでチェックできます

スポンサーリンク

まとめ

ストレスによる抜け毛は、血行不良とホルモンバランスの乱れが主な原因です。

髪に十分な影響が届きにくくなってしまうため、抜け毛が増えてしまうんです。

あなたの抜け毛や薄さの状態に合わせて、本当に改善させられる対策も少しずつ変わってきます。

ストレスの原因もしっかりとみつけて対策していきたいですね。

コメント