産後の抜け毛で育毛剤を利用する時に注意すべき2点とは?

こんにちは!晴天也です!

産後の抜け毛は、ホルモンバランスや生活のリズムの乱れが原因
となっていることが多く、ほとんどは1~2年で症状が改善するもの
ですが、産後の抜け毛で悩む方にとって、一日でも早く症状を改
善したいところですよね。

 

「育毛剤を利用したいけど何か注意はあるの?」
「どんな成分の物でもいいの?」

 

など、疑問を持つ方もみえると思います。
今回は、産後の抜け毛対策で育毛剤を利用する際の注意点を
記事にまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

産後の抜け毛が気になるなら育毛剤の利用もあり!

産後の抜け毛の原因は、ホルモンバランスの崩れのほかにも、睡眠
時間の減少や栄養不足など様々な要因が考えられます。

 

女性特有!産後の抜け毛で考えられる5つの原因とは?

 

特に母乳で子育てされる方にとっては、栄養の摂取に関しては気を
使われることでしょう。
子供に影響が出ないよう、なるべく体にいいものを食べたりと気を使う
ことも多いはず。

 

これは、食事に関してだけではなく、薬などについても同じ。
摂取された栄養や成分は、血液を通して体に運ばれます。
となると、育毛剤についても頭皮の毛穴から浸透し、髪に必要な
栄養が血液を通して運ばれるわけです。

 

なので、産後の抜け毛で悩む方が育毛剤を使用する場合、
いくつかの注意点を守って使用することをおすすめします!
そこだけ気を付ければ、育毛剤の使用はありだと思います。
その注意点に関しては以下に2点、まとめてみました!

注意点1:ナチュラルな成分の育毛剤を選ぶ

授乳中の方は特に、体内に取り入れるものは極力体にいいものが
いいですよね。

育毛剤を選ぶ時も、ホルモンに作用するものや発毛を促す化学物
質の成分が含まれた育毛剤を使用することは望ましくありません。

例えば、米ぬかエキスやセンブリ、ドクダミ、アロエエキス等の無添加
成分がメインで含まれており、シリコンや着色料が含まれていないか
どうかを商品の成分表で確認するようにしましょう。

 

スポンサーリンク
 

注意点2:副作用がある可能性のものを避ける

出産後すぐは、まだ体調が十分に回復しておらず、病原菌など、外部
からの刺激に敏感に反応しがちです。

育毛剤の中には、頭痛や吐き気などの副作用が出る可能性のある成分
を含んでいるものもがあります(例えばミノキシジルなど)。

当然、これらの副作用にも反応することが考えられますし、母乳を通し
てお子さんに影響がでかねません!
最悪のことも考えられますので、副作用を起こすと考えられる成分には
注意しましょう!

 

まとめ

産後の抜け毛を気にするあまり、成分にこだわらずに効果だけを求めて
商品を選ばないように注意が必要ですね。
育毛剤の利用を検討される方は、お子さんのためにも成分をしっかりと
確認して購入するようにしていくようにしましょう!

抜け毛予防の鍵は女性ホルモン?ホルモンバランスを整える5つの方法!

 

 

 

スポンサーリンク

コメント