白髪の原因はストレスと関係ない?実際はどうなのか調べてみた

「ストレスが過度にかかると白髪が増える」

誰しも1回くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

私の後輩も、まだ20代にも関わらず、仕事が忙しすぎて一気に白髪が増えた人がいます。

仕事が忙しいと、やはりストレスが溜まりやすくなってきます。

実際のところ、白髪とストレスの関係はどうなんでしょうか?

今回は、その情報を記事にまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ストレスが強くかかると白髪が増えるはほんと?

「ストレスと白髪って本当に関係あるの?」

「年とって白髪になったんじゃないの?」

 

確かに、年とともに白髪が増える方が多いですね。それも1つの原因と言えます。

しかし、白髪の原因として「ストレス」が与える影響は、かなり大きいのです。

 

そして、ストレスからの白髪は、10代、20代といった若い世代でも十分なる可能性があります!

若い人でも白髪が多くて困っている人は、生活の中でストレスにさらされている可能性が大きいんです。

・白髪が急に増えたら気をつける体の変化とは?

白髪とストレスは関連がある!その理由を以下にまとめていきます。

 

メラノサイトの働きがストレスで邪魔される!

私達の髪の毛(体毛)は、もともと色がありません。

ちょうど毛根にある、メラノサイトという細胞が「メラニン」という色素を作りだして毛髪に色をつけているのです。

 

メラニンを作るために、チロシナーゼという酵素が必要です。これが、ビタミンやミネラルを使ってメラニンを作りだしています。

メラノサイトとチロシナーゼ。

このどちらかの働きが鈍ると、メラニンが作られなくなるので白髪になってしまいます。

そして、ストレスはメラノサイトの働きに大きな影響を与えます。

ストレスの影響で血行が悪くなり、メラノサイトまで栄養が届きにくくなることで、働きが悪くなってしまうのが原因です。

ストレスから白髪になるのを防ぐためにできること

日々の生活の中で、ストレスを感じることは非常に多いですよね。

それだけストレスにさらされる機会が多くあるわけなので、私も含め、急に白髪が増えてもおかしくない状況といえます。

白髪を防ぐためにできることは何なのでしょうか?

対策1 リラックスする

リラックスをするっことで、血流が改善されしっかりと栄養が届くようになります。

身体を動かしたり、家でゆっくり過ごしたり、長めにお風呂に入ったり・・・自分なりのリラックスを見つけていきましょう。

対策2 ビタミンやミネラルの摂取

ビタミンやミネラル類の栄養は、髪の成長には欠かせない栄養です。

これらをうまく摂れるように食事を意識することで、髪の健康にもつながります。

果物やレバー、海藻類を意識して食事してみてください。また、どうしてものときはドラッグストアで売っているサプリメントを使うのもありです。

対策3 生活のリズムを安定させる

不規則な生活は、身体に疲れをため込みやすくなります。

また、自律神経が乱れることで、身体のリズムも乱れます。

結果、ストレスの影響も受けやすくなるんです。

睡眠時間をしっかり確保し、「最低でも0時には寝る」など、自分なりのルールを決めていきましょう。

白髪が一カ所に集中して生えていると危険?!

「プレッシャーとストレスで胃が痛い」

「毎日背中が痛い」

など、ストレスは体に様々な変調をもたらします。

そして、ストレスが原因で調子をくずし、入院してしまうケースなんかもしばしば・・・

 

毎日多くのストレスを受けていると感じている方は特に、白髪が一カ所から集中して生えていないかチェックしてみてください。

というのも、どの場所に白髪が多く生えているかによって、身体で調子の悪い箇所が予想できてしまうと言われているからです。

 

その場所というのが、

・頭頂部に多い→肝臓、胃腸、腎臓の不調

前頭部に多い→便秘、肛門の不調

後頭部に多い→性欲の減退、生理不順等、生殖器の不調

おでこやこめかみに多い→眼精疲労による不調

つむじ→肺や心臓の不調

と言われています。

ストレスは、身体のいたるところに影響を与えるため、調子が良くない場所があってもおかしくないです。

気になる方は一度セルフチェックしてみましょう。

・ストレスによる抜け毛の原因と対策をまとめてみた

スポンサーリンク

 まとめ

ストレスは白髪になる原因になります。

白髪は加齢や遺伝だけが原因ではないので、年が若くてもなる可能性は十分あります。

ただ、白髪を悩みすぎるのもよくないです。

白髪は年を取れば誰しもが高確率で生えます。

なので、悩みすぎるよりも、やれることをやって白髪に対処していく方がいいです。

髪に栄養を与えるなど、対策することで将来のハゲ予防にもつながるかもしれませんからね。

スポンサーリンク

コメント