【抜け毛も激増?】体毛が濃いとハゲるのは本当か調べてみた

「すね毛や腕毛が濃いから将来ハゲる」

「ヒゲが濃いとハゲやすい」

体毛が濃いと将来ハゲる!まるで都市伝説のごとく、まことしやかにささやかれている噂です。

体毛が濃い人は、いつか大量の抜け毛が起こってハゲるのでは・・・とドキドキしていることでしょう。

ただ、体毛が濃くても髪の毛がフサフサの人もいます。

体毛が濃くてハゲる人とハゲない人の違い、実はこんな違いがあったんです。

スポンサーリンク

結論:毛深いからハゲるわけではない!

はい、このとおりです。

毛深いからハゲるのであれば、ヒゲもじゃもじゃの人は例外なくツルツルのはず。

でも、確かに毛深いと抜け毛が増え、ハゲてしまうリスクがあるのも事実なんです。

これは、男性ホルモンとAGAの関係が大きなカギを握っています。

・男性ホルモンとAGAの関係とは?

体毛が濃くてハゲない人・ハゲる人の大きな違いはコレ!

同じ体毛が濃い人でも、ハゲる・ハゲない人。

この大きな違いは、

AGAの原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」のできやすさ

に違いがあります。

AGAは、この画像のような流れが原因で、髪の毛を弱々しくしてしまいます。

ここでポイントなのは、男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びつきやすいかどうかです。

〇男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びつきやすい→DHTができやすい→ハゲになりやすい。
〇男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びつきにくい→DHTができにくい→ハゲにくい

この2つ、男性ホルモンの量によっても違ってきますが、それよりも遺伝による影響が大きいといわれています。

DHTができやすい・できにくいは遺伝しやすいため、男性ホルモンが少なくてもDHTができやすい状態であれば薄毛になりやすいですし、体毛が濃くて男性ホルモンが多くても、DHTができにくければ薄毛にはなりにくいと考えられます。

もちろん、薄毛になるの原因はAGA以外にもいろいろな影響が考えられますので、すべてこれ・・・というわけではないです。

体毛が濃くてハゲる人・ハゲない人はこんな違いがあったんです。

・薄毛遺伝子は最強!遺伝でハゲやすくなる原因はコレ!

男性ホルモンは毛を育てる役目もありますが・・・

「肩幅が広くなって体つきが男らしくなる」

「声変わりする」

男性ホルモンが要因で色々な変化が体に起こりますよね。

そのなかの1つに、体毛を濃くすることもあります。

女性より男性の方が、腕やすねの毛が濃いのは、男性ホルモンの量が違うからです。

また、男性ホルモンが多い人の方が、髪も太くて量が多いケースがあります。

男性ホルモンは、毛を濃くする1つの要因となっているといえます。

ただ、男性ホルモンが原因で抜け毛が増えてしまうこともありえます。

男性ホルモンが抜け毛を増やす原因になる2つの理由

「男性ホルモンで毛が濃くなるなら、何でハゲるの?」

「逆に増えるんじゃないの?」

確かに、男性ホルモンが毛を育てる要因の1つになるなら、逆に増えてもおかしくないですよね。

そんな男性ホルモンが抜け毛を増やし、薄毛につながってしまう可能性があるのは、

①AGAの原因になる
②皮脂が増えるため頭皮が汚れやすくなる

の2つが大きな原因です。

①AGAの原因になる

これは上でまとめた通りの理由です。

少し戻って確認してみてくださいね。

②皮脂が増えるため、頭皮が汚れやすくなる

男性ホルモンが増えると、皮脂が多くなると考えられています。

皮脂が多くなると頭皮が汚れやすくもなるため、かゆみや毛穴のつまりの原因にもなります。

こうやって頭皮の状態が悪くなってしまい、抜け毛が増えていくことも考えられます。

こんな症状が出だしたら薄毛が進んでるかも・・・

「急に抜け毛が増えた!」

多くの方がこういう状態が出てきて初めてあせりますよね。

ただ、その時にはもう薄毛が結構進んでいることも少なくないんです。

薄毛が進んできているサインは、

・ボリュームが減った、出にくくなった
・毛先が細い抜け毛が増えた
・髪の毛切ってないのに「髪切った?」と聞かれることが増えた
・おでこがオイリーになってきた

などです。

ちょくちょく髪の毛の状態を気にしていないと、なかなかわからないですよね。

ましてや体毛が濃い人は髪の量が多い人も結構いますので、なおさらです。

こういったちょっとの髪の変化に気づくことで、早く薄毛への対処をすることができます。

・毛先が細い抜け毛は薄毛の始まりと言える理由

男性ホルモンによる抜け毛を減らすにはAGA治療が最善の対策

AGAで一気に抜け毛が増え、薄毛が進んできてしまった・・・こんな時の対策は、AGA治療をすることがおすすめです。

AGA治療は、

・AGA治療専門の薬で薄毛の改善を目指せる
・専門のクリニックで治療できる
・高い改善効果が期待できる

などのメリットがあります。

特に「プロペシア(フィンペシア)」という薬は、DHTの発生を抑える効果もありますので、かなりの確率で抜け毛を減らすことが期待できます。

私も現在AGA治療していますが、育毛剤だけの対策とは天と地ほどの差があるので、薄毛に悩んでいる人にはぜひとも行動を起こしてもらいたいと感じています。

参考までに、私のAGA治療6か月の状態を載せるので、のぞいてみてくださいね。

・AGA治療開始から6ヶ月の状態はこちら

スポンサーリンク

まとめ

「体毛が濃いとハゲる」の真相は、「男性ホルモン」が原因ということです。

そして、AGAの原因であるDHTができやすいかできにくいかの差で、ハゲる・ハゲないの違いがあります。

ハゲにくい人でも、頭皮のダメージなどによって髪の毛が弱り、抜け毛が増えてしまうこともあるので注意が必要です。

特にすでに薄毛が進んでいる人は、AGA治療での対策がおすすめです。

私の治療経過もみながら、ぜひ検討してみてください。

スポンサーリンク

コメント

  1. さくらねこ より:

    主人が最近自分の頭の頭皮が見えるようになってきたと常に気にしています。
    そこまでおとこおとこ!という旦那ではないのでちょっと安心笑。
    体質や遺伝ももちろんあるんでしょうが、やはり体にいいことは髪にもいいのかなぁなんて思ったりします。

    • くろぶち shunsuke より:

      >>さくらねこさん

      男性ホルモンの量が少なくても影響をつけやすかったり、遺伝の関係もあると思います。
      明らかに薄毛が進んでしまって…ということでなければ、育毛シャンプーや育毛剤でのケアから始められるといいと思います。体にいいことは髪にもいい!その通りですねー!

  2. hokamura より:

    体毛と東部の髪の毛が禿げるのが同時だなんて少しショックです。

    • くろぶち shunsuke より:

      >>hokamuraさん

      体毛が濃い方が必ずしも薄毛になるわけではないですが、可能性は高くなってしまいます。

  3. やす より:

    私はまだ若いのでハゲは心配していませんが、体毛が濃いので、剥げるのではないかと心配になったので、この記事を参考に対策をたてたいと思います。

    • くろぶち shunsuke より:

      >>やすさん

      体毛が濃いから必ずハゲる!…というわけではもちろんありません。
      ただ男性ホルモンの影響を受けやすかったりすると、薄毛のリスクは上がってしまいます。
      その辺りも含めて参考にしてみてくださいね!

  4. りさりさ224 より:

    もはや都市伝説だと思っていた体毛が濃い=ハゲるという事に男性ホルモンが原因しているなんてびっくりしました。主人はヒゲは濃いですが体毛は私よりも薄いので将来どうなるか謎です。