頭皮ニキビはアクアチムで完治できない3つの理由

みなさんは「アクアチム」という薬を知っていますか?

ニキビで皮膚科に通院された経験がある方はご存知かと思います。

私も中学生の頃、ニキビがひどくて皮膚科に通っていた時に処方され、塗っていたところ綺麗にニキビが治った経験があります。

・・・ということは、顔に有効なので頭皮ニキビにも使えるのか?

ということで、今回はアクアチムと頭皮ニキビに関してまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

アクアチムとは?

アクアチムとは、ニキビ用の抗生物質薬です。

ニキビの発生原因と考えられるアクネ菌やブドウ球菌の増殖を抑え、殺菌する作用があります。

特に炎症を起こしている赤ニキビに特効があり、正しく使用すれば1週間前後で症状が改善されることが多いです。

アクネ菌もブドウ球菌も皮膚に常在するのですが、皮脂を栄養にして増殖するため、皮脂が過剰になるとこれらの菌が一気に増え、炎症を起こしてしまます。

それを、アクアチムの主成分であるナジフロキサシンが細菌のDNAを攻撃し、増殖できなくします。

殺菌+増殖の予防・・・これによってニキビは治っていくわけですね。

アクアチムでは頭皮ニキビの完治は難しい3つの理由

顔のニキビに非常に効果があるとされるアクアチム。

じゃあ頭皮ニキビにもぬっちゃえ・・・と考える方もいると思いますが、頭皮ニキビにアクアチムを塗っても、なかなか完治しないと言われています。

主な原因は以下の4つのことが考えられます。

①効果のある菌が違う

頭皮ニキビの主な原因はマラセチア菌というカビです。

一方で顔にできるニキビはアクネ菌などが原因のことが多く、頭皮ニキビの原因とは違うんです。

そして、アクアチムが効果的なのはアクネ菌などに対してなので、頭皮ニキビにはあまり効果が期待できないこともあります。

・マラセチア謹賀増える原因や対策をまとめてみた

②抗生物質が善玉菌まで殺してしまう

アクアチムは抗生物質のため、悪玉菌だけでなく、これらの悪玉菌を食べてくれる善玉菌まで殺してしまいます。

頭皮を守ってくれている善玉菌がいなくなると、一時的にはは良くなっても、マラセチア菌が繁殖しやすくなっているため、すぐに再発する場合があります。

③菌が耐性を持ってしまう

抗生物質をむやみに使うと、菌がそれに対して耐性を持ってしまいます。

環境に合わせて菌が変化してしまい、それに対応できる抗生物質を多量に摂るとまた耐性を持ち・・・という悪循環が起こり、治療が難しくなってしまいます。

頭皮ニキビに効果的な3つの対策

頭皮ニキビへの対策は、

・なるべく疲れやストレスをためない
・生活のリズムを安定させる
・使うシャンプーに気を付ける

ことに意識してみてください。

ストレスや疲れ、生活のリズムが乱れると、皮脂の分泌のバランスが崩れてしまうため、頭皮もあれてしまいがちになります。

そして、使うシャンプーについては、

・アミノ酸配合の低刺激なシャンプー
・抗菌成分を含んだシャンプー

などがおすすめです。

頭皮はデリケートなので、こういったシャンプーでケアすることで皮脂のバランスなどが取れ、ニキビの状態も落ち着くことが多いですので、意識してみてください。

・臭いの原因にも?朝シャンが頭皮に与えるデメリットとは?

スポンサーリンク

まとめ

アクアチムは顔ニキビには高い効果がありますが、頭皮にはその通りに効果がでないこともあります。

頭皮ニキビの多くはマラセチア菌が原因ですので、それに見合った対処をしていきたいですね。

頭皮はデリケートなため、食生活の乱れやシャンプーのすすぎ残しなどですぐにニキビができてしまうことも。

やはり、生活のリズムや低刺激のシャンプーを使うなど、頭皮ニキビの対策には意識していきましょう。

・頭皮にきびの発生、悪化を招く6つの習慣まとめ

スポンサーリンク

コメント