頭皮のにおい対策!加齢臭を防ぐ6つの習慣

年を重ねてくると、少しずつ気になってきているのが加齢臭。

まだ大丈夫だろうとは思っているのですが、気づいてないところですでに臭っているかも・・・と考えるとちょっと嫌ですね。

そんな加齢臭、実は頭からもする可能性があります。

今回は頭のにおい対策も含めて、加齢臭対策をまとめていきます。

スポンサーリンク

頭からの加齢臭を防ぐ6つの予防・改善法

頭皮からの臭いがきつい場合は、何かしらの原因によって頭皮環境が悪化し、臭いを放っていることがほとんどです。

そして、これをほっておくと、頭皮の乾燥や荒れなど頭皮環境も悪くなってしまい、最悪抜け毛の増加つながってしまうこともあります。

加齢臭を防いで頭皮を守るためにおすすめな、6つの予防・改善法を以下でまとめます。

その1:正しくシャンプーする

頭のにおいは、シャンプー対策が基本です。

頭頂部、生え際など、全体的にしっかり洗いましょう。

髪の毛は臭いを吸いやすいので、中途半端に洗い残しがあると、余計においを放ってしまいます。

・頭皮のかゆみ、におい対策におすすめな洗い方まとめ

その2:食生活に気をつける

腸内環境が良くなると、肝機能が正常になり活性酸素が抑制されるので、ノネナールができにくくなります。

肉類などの高脂質な食品を減らし、緑黄色野菜や食物繊維、海藻類を積極的に摂りましょう。

ノネナール抑制には、特に緑茶大豆製品がいいと言われていますので、意識してしるといいと思います。

その3:適度な運動を心がける

運動すると血行が良くなり、老廃物が汗になって出やすくなりますし、運動後にシャンプーすることで加齢臭が出にくくなります。

また、有酸素運動によって活性酸素が減ると言われていて、細胞が元気を取り戻し皮脂が酸化しにくくなるので、ノネナールもでにくくなるんです。

その4:朝シャン

加齢臭対策に、朝シャンをするのも効果的です。

夜にたまった皮脂をきれいに洗えます。

ただ、時間がない中で適当にするのはNG。

洗い残しがあると、臭いや頭皮のダメージの原因になって逆効果に・・!

朝シャンするのであれば丁寧に・・・が基本です。

・朝シャンを間違えるとにおいの原因に?!

その5:サプリメントをとる

最近は、加齢臭を消すための消臭エキスをサプリメントにしたものがいくつもあります。

緑茶エキスやシャンピニオンエキス(マッシュルームから抽出)などが配合されているものが多く、楽天などでも多く取り扱われています。

価格帯も、「1か月分で3000円~」という商品が多いようですので、気になる方は調べてみてください。

その6:ストレスを溜めない

ストレスは、ビタミンA・C・Eなどを消費してしまい、においの原因である活性酸素を抑えられなくなくなります。

ストレスは身体にいろいろと影響を与えますので、ためない方がいいということです。

・ストレスで抜け毛が増えるのはなぜ?

頭からも加齢臭は出ている!においがきつくなる原因はこれ!

結論からいうと、加齢臭は頭皮からも出ます。

何も背中や脇の下からだけではないんです。

・・・というのは、頭皮が人間の体で最も皮脂腺が密集している上、髪の毛で覆われているので蒸れやすいからです。

ちなみに、最も皮脂腺の数が多いのは背中ですが、「密集度」と「蒸れ度」からいったら頭皮が一番なのです。

頭皮は、1㎠あたり約200個の皮脂腺があると言われています。

そして、加齢臭は皮脂腺に含まれる「パルミトレイン酸」や「ヘキサデセン酸」が酸化したり、表皮の細菌によって発酵することで出来る、過酸化脂質「ノネナール」という物質が原因です。

さらに頭皮の場合、加齢臭に加え体臭も出やすいと言われ、更に臭くなりやすいのです。

よく、「満員電車の中年サラリーマンが近くにいた時の臭い(中年サラリーマンの方、ごめんなさい)」なんて話を聞くことが多いですよね。

頭皮からの臭いは、ダイレクトで他人に届くため、何とか防いでいきたいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

これらすべてを一度におこなうことは無理だとしても、出来るところから取り組んで行っても、一定の効果は期待できるのではと思います。

これらの予防方法は、加齢臭のみならず、育毛にも効果的だったり体調を整えるのにもいいことなので、一石二鳥ですね。

加齢臭を気にする年齢の方は特に、実施してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント