【お酒・タバコの影響大】薄毛街道まっしぐらな5つの習慣とは?

抜け毛や薄毛が気になった時、ほとんどの人が育毛シャンプーや育毛剤を使うと思います。

もちろん育毛シャンプーや育毛剤は薄毛対策には効果がありますが、あることを改善しなければなかなか効果がないばかりか、逆に薄毛が進むこともあります。

「あること」とは生活習慣のこと。

ここが乱れてしまうと薄毛が加速する原因になります。

AGAクリニックでも、生活習慣の改善のことは触れられますので、それだけ髪に及ぼす影響は大きいと考えられています。

特にお酒とタバコは要注意です。

今回はこれらが薄毛を進めてしまう理由などをまとめていきます。

スポンサーリンク

【要注意】薄毛がすすむ5つの生活習慣

毎日の生活のなかで薄毛を加速させる原因となるのが、

①お酒
②タバコ
③睡眠不足
④栄養不足や偏り
⑤運動不足

の5つの生活習慣です。

①お酒

適度なお酒は体や髪にもいいですが、飲みすぎは逆効果。

抜け毛を増やす原因になることも・・・

②タバコ

タバコは百害あって一利なし!もちろん、髪の毛にもよくないです。

③睡眠不足

人間が成長するのに、睡眠は欠かせません。

なぜなら睡眠中に成長ホルモンが出るからです。

このホルモンの効果で、髪を太くしっかり育てる働きがあります。

睡眠時間が減れば成長ホルモンが出ている時間や量も少なくなりますから、髪も思うように成長できなくなるわけです。

④栄養不足や偏り

栄養不足というのは、主に「偏り」ということです。

糖質や脂質はたっぷり摂っても、髪の成長に必要なたんぱく質やビタミン、ミネラルが不足しがちだと、髪の成長は止まってしまいます。

運動不足は、筋肉の働きを鈍らせます。

するとリンパ液や血液の流れが悪くなり、栄養が頭皮や髪にまで回らなくなるのです。

・頭皮の血行不良による影響に関する記事はこちらから

⑤運動不足

体の代謝をあげるためにも、適度な運動は大切です。

老廃物が出たり血行が良くなれば、その分しっかりと栄養が髪に届きやすくなります。

お酒を飲みすぎると薄毛が進むワケ

お酒は、それ自体が髪に悪い影響を与えるものではないんです。

問題なのは、アルコールが分解される時。

アルコールを分解するにはアルコール分解酵素が必要で、場所は肝臓で行われます。

お酒が強い方はこの酵素の働きが強いのですが、お酒に弱い人は酵素の働きも弱く、人によってはこの酵素がない人もいます。

その結果、肝臓に大きな負担がかかります。

肝臓への負担は、自律神経を狂わせ、血行不良を招くことが分かっています。

また、アルコールを分解するときに大量のアミノ酸やビタミンを使ってしまうため、髪の毛に十分な栄養が届きにくくなります。

さらに、アルコールは肝臓で「アセトアルデヒド」に変えられるのですが、これがAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を増やすと言われています。

お酒の飲みすぎは、こういったところから薄毛がすすむ原因になるんです。

・肝臓が弱ると抜け毛が増える3つの理由

タバコに関しては「百害あって一利なし」

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる機能があるため、血行不良となりがちです。

頭のてっぺんや生え際は太い動脈はなく、毛細血管しか通っていないため、血行不良になると栄養が届きにくくなってしまいます。

ニコチンの量にもよりますが、平均して1本のタバコで約2時間は血管が収縮されると言われています。

また、ニコチン以外にも多くの有害物質が含まれています。
それらを肝臓が処理するため、肝臓に負担がかかり、アルコールと同様、血行不良を招きます。

さらに、お酒と同じようにタバコもAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を増やすと言われています。

アメリカのハーバード大学での調査によると、タバコを吸う人のDHT(ジヒドロテストステロン)分泌量は吸わない人に比べ約13%多かったということです。

タバコは髪の毛以外にもいいことはないため、やはり吸わないのが一番ですね。

・20代でも頭頂部の薄毛が進んでしまう理由と改善策まとめ

電子タバコもニコチンが入っているものは薄毛が進むリスクあり

アイコスやプルームテック、グローなどの電子タバコへ切り替える人がすごい勢いで増えていますね。

「電子タバコでも薄毛の原因になるの?」

なんて声が聞こえてきそうですね。

これ、ニコチンを含んでいるものは少なからず薄毛をすすめる原因になるはずです。

電子タバコの方が量は少ない・・・とはいえ、入っているのに変わりはないですからね。

この辺は電子タバコによって違いますので、薄毛を気にする人は電子タバコを買う前にチェックしてみてからにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

生活習慣すべてが髪に影響してきますが、特に「タバコ」と「お酒」は注意したいですね!

両方とも「血行不良から薄毛を招く」というのがキーになります。

M字部分や頭頂部は、特に影響を受けやすいので薄くなりがちです。

お酒やタバコが習慣になっている人は、止めるのは大変だと思います。

ですが、薄毛の心配をしているのであれば、アルコール度数を少なくする、タバコを軽くするなど、できることから始めていきましょう。

スポンサーリンク

コメント